three2four

 

日常の出来事など含めて気ままに綴っています

 

【お知らせ】製作が遅れています。大変お待たせしており申し訳ありません。
当方からメールの返信がない場合は、メールアドレスや迷惑メールフィルタ設定などをご確認ください
即納可能な商品は<コチラ>でご確認頂けます(在庫有と記載)。お気軽にお問い合わせください。

 

LIZ -Elephant x Bridle-

2022-0117

 

外装はエレファントで内装はブライドル。エレファントは水や傷に強くワイルドだけれども上品さも備えている。ブライドルも蝋が浸透しているため汚れにくい。扱いが楽な定番素材の組み合わせで製作したLIZです。「エレファントレザー、独特な手触りで育てがいがあると思います。この財布を手に入れられて満足です。」エレファントは使用につれて表面の繊維が寝てくるため、色合いが深くなり全体的に輝きを帯びてきます。既にPOCKETもお使いのお客様。LIZとPOCKETをシーンによって使い分けるのも楽しいですね。ご注文ありがとうございました。

 

POCKET -Porosus x Rocado cordvan-

2022-0114

 

「初のクロコに感激です。想像は固いワニの鱗のイメージでしたが、程よい柔らかさがあり、裏張りをしているので、絶妙なコシがありとても使いやすいですね!L字ファスナーって、小銭ポケットが輪っかになっている形状をよく見ますが、あれは小銭が取りづらい。でもこれはいいですね。仕切りを真ん中ではなく、端にあるので、仕切りが稼働しづらく、小銭との区別が付けやすく感じました!」初クロコがポロサスの最高のヤツ!最初に写真を撮っておくと一年後にはだいぶツヤが出てるので成長がわかります。ミニL字ファスナー財布は世の中に数え切れないほどありますが、POCKETはシンプルを極めたひとつの完成形だと思っています。ご注文ありがとうございました。

 

CLIP -Horween shell cordvan bourbon-

2022-0113

 

マネークリップ財布CLIP。外装はHorweenシェルコードバンのバーボン、内装は黒のブライドルです。このコントラストが意外としっくり来て好きなんですよね。「想像していたものを、はるかに超えるスマートさに驚きです。小銭入れの開きやすさが、素晴らしいです。」マネークリップの財布って何故か使いにくい物が多くて、CLIPは自分の理想型として開発したモデルなんです。「各メーカーからマネークリップたくさん出てますが、絶対に使いにくいだろうな。という印象から手を出しませんでしたが。これは別物です。ベーシックな二つ折り財布の基本性を兼ね備えた、マネークリップという印象です!」格好良くお札をめくって楽しく使ってください。もう1点ご購入いただいたので続いて紹介いたします。

 

324Lisense

2022-0111

 

後日ページは作ろうと思うんだけど、とりあえず考えていることを書いておこうかなと。関わる人のプラスになる仕事を一緒にやりたいので、自社ブランド・販路を持っている製造者様は新たな商材として興味があればご連絡ください。【324Lisense】設計データのライセンス契約・製作販売は製造者の自己責任で行う・データ改変不可・製品が324lisenseの元で製作されていることを明記すること・ライセンス費用は売上の5%・設計データは契約に基づく自社の製造のみに使用し流出しないよう最大限の注意を払い厳重に管理する 【ライセンスの背景と目的】個人で製作できる量の限界が大きく売り切れが続いている状況です。量産が可能な製造者に売れるパターンを提供して、より多くの使い手が手頃な価格で優れたパターンの恩恵を受けられるようにすることを目的としています。

 

利互

2022-0106

 

辞書には載ってません。利互は昨年僕が考えた言葉(コチラ)。事業は自分だからこそできることをやった方が良いけど、それが同時に相手の役に立つことである場合に成立して継続することができる。自分という人間と相手という人間の交わりの中に答えがあります。そこでふと考えたのが利己と利他という言葉。どうして2種類しかないんだろ。互いのメリットの交わりを見つけるクリエイティブな姿勢を利互(りご)と名付けたのです。

 

欲望

2022-0104

 

最初は自分が納得のいくものを作りたいという完全な己の欲望で始めた革製品の製作。でも自分が良いと信じるものをひたすら作っているうちに、人に心から喜んでもらえることが増えてそれが自分にとってこの上ない喜びとなり僕の人生は豊かになってきました。会社を辞めて一人ぼっちになった僕はモノづくりを通してお客さんと繋がり、社会の中で自分とお客さんの二人になることができた。今度は自分の仕事をもう少し広げてみんなになりたい。実際にどこまで何ができるかはまだわからないけれども、それが今の自分の新たなる欲望です。できることを少しずつ。今年もよろしくお願いします。

 

前の記事