three2four

 

日常の出来事など含めて気ままに綴っています

 

【お知らせ】製作が遅れています。大変お待たせしており申し訳ありません。
当方からメールの返信がない場合は、メールアドレスや迷惑メールフィルタ設定などをご確認ください
即納可能な商品は<コチラ>でご確認頂けます(在庫有と記載)。お気軽にお問い合わせください。   

ENLIGHTMENT vol.12 10/28 12:00-17:00@仙台 <フライヤー> <商品>

 

POCKET -crocodile x cordvan-

2018-09-25

 

何点かご注文いただいているので引き続きご紹介していきます。こちらは奥様用にとオーダーされたPOCKET。小銭の出し入れがしやすいということで選ばれたそうです。これ女性がさりげなく使ってたら格好良いですね。

 

SIZ -shell cordvan #4 x bridle-

2018-09-24

 

LIZのショートバージョンとなるSIZ。もともとPOCKETの部屋を増やしたような財布が欲しいというリクエストを頂いてこれまで2つ程製作し、今回もまた新規に型紙を起こしてサイズ感やカード入れの仕様を変えて作ってみました。コインは手前の部屋に入れてカードはLIZと同様の縦入れです。使用イメージ動画はコチラ。紙幣やレシートなどを分けて入れたい方には良さそうですね。

 

POCKET -新喜皮革コードバン-

2018-09-21

 

新喜皮革のコードバンで製作したPOCKETです。日本らしく繊細で透明感のある焦げ茶色に白糸と黒コバを掛け合わせたコントラストが美しいひと品。「思ったとおりのお財布です。ありがとうございました。大切に使います。」 個人的な好みで製作したので気に入っていただけて嬉しいです。ご注文ありがとうございました。

 

FLASH -shellcordvan #8-

2018-09-19

 

クロコでいくつか作ったカードサイズのFLASH(FLAt SHoehorn)をコードバンでも作ってみたくなりやってみました。裏はウルヴァリン社スウェード。使用時に踵から受ける摩擦と圧力でエージングが早く進みそうですね。

 

POCKET -shellcordvan #8 x darkcognac + russiancalf- #2

2018-09-18

 

外装と裏張りのセンターの部分のみを少し薄くして張り合わせることで屈曲性を良くしています。曲げ貼りと異なり、開いた時に完全にフラットになるのがメリット(動画はコチラ)。初めてやってみましたがこの方法も良いかなと思っています。

 

POCKET -shellcordvan #8 x darkcognac + russiancalf- #1

2018-09-17

 

Horween社シェルコードバンの#8で製作したCLIP without coin。外装の裏張りは焦げ茶のアメ豚。カード入れは左から2番目だけダークコニャックの焦げ茶です。センターの金具の金色が良く映えますね。札押さえはロシアンで裏張りはダイヤモンドパイソン。ヘビは昔から財産の守り神と考えられているのでお金も守ってくれるようにおまじないとして入れておきました。 「想像以上に素敵な作品で、これから長年使っていくのが楽しみです。シンプルで機能的なデザインもそうですが、どうやって縫っているのかわからないぐらい綺麗な縫い目等、とても気に入っております。」大変長いことお待たせしてしまいました。ご注文ありがとうございました。

 

LIZ -Indigo croco x bridle- #3

2018-09-14

 

合わせて使うために藍染クロコでフラットかつカードサイズのシューホーンを製作してみました。カットを変えて上下を識別できる形状。鱗の谷間に沿って自然に曲がるように芯となる革に溝を掘っています。裏はエレファントを使用。靴の内側との摩擦が得られるため足を入れる時にシューホーンが滑りません。金属のような薄さや剛性はありませんが持つ楽しさのあるひと品。裏のエレファントとネイビー糸とのコントラストも綺麗です。

 

LIZ -Indigo croco x bridle- #2

2018-09-13

 

内装はブライドルレザー。中身を入れても薄くてコンパクト。Lジップで素早く開くことができてすぐに全体を見渡せます。アコーディオンの様な独自構造で革にかかる負荷が少なく見たい箇所を大きく開けます。コイン、カード(縦入れ)、紙幣のいずれも出し入れがしやすいように考えてあります。

 

LIZ -Indigo croco x bridle- #1

2018-09-12

 

藍染クロコのLIZ。傷のない染色前の革を購入して藍染液に浸けては空気に晒すことを繰り返して濃い藍色に染め上げています。 「画像でも気に入っていたのですが、実物は想像以上に素晴らしいです。格好良すぎます。よい買い物ができました。これから大事に使いたとい思います。」 藍染特有の色合いで昼、夜、屋外、屋内の光の加減で色んな表情を見せてくれます。比較していただくと明らかなんですが、ここまで彫りが深く立体感のある革は他には無いと思います。

 

ENLIGHTMENT vol.12 10/28 12:00-17:00@仙台

2018-09-10

 

来月末にENLIGHTMENTvol.12を開催します。フライヤーはコチラ。今回は仙台に初進出です。ようやく東京、大阪、名古屋以外に行けることになりました。以前からもっと全国の色々な街に行ってみたい気持ちがあるんですが年4回のイベントをやるだけでも精一杯な状況でなかなか、、、。vol.12の部分には伊達政宗の兜のデザインをあしらっているそうです。良いものをお届けできるように準備をすすめていきますので是非足を運んで現物をご覧になってください。よろしくお願い致します。

 

FLASH(FLAt SHoehorn) -croco x suede-

2018-09-08

 

財布などに入れるため、フラットかつカードサイズのシューホーンを新規に開発しました。クロコの尻尾センターはカーブが作りやすく踵の滑りが良いのでシューホーンに適した素材。カットを変えて上下を識別できる形状にしてあります。鱗の谷間に沿って自然に曲がるように芯となる革に溝を掘っています。裏はウルヴァリン社のスウェード。国産と異なり非常に厚みがある革を漉いて使用。靴の内側との摩擦が得られるため足を入れる時にシューホーンが滑りません。金属のような薄さや剛性はありませんが持つ楽しさのあるひと品と思います。

 

SHOEHORN -porosus x brass

2018-09-06

 

あわせて製作したシューホーン。尻尾の先の方のセンターを裏表が繋がった一枚革で切り出しています。尻尾はもともと丸い形状なので踵に合わせたカーブを自然に作ることができて滑りも良いのでシューホーンに適した素材。キーリングも付けてあるので鍵と一緒にしておくとなかなか便利です。金属のような薄さや剛性はありませんが持つ楽しさのあるひと品ではないかと思います。

 

LIZ -porosus x bridle + 黒豹- #3

2018-09-05

 

世の中に数え切れない程あるLジップ財布とLIZが決定的に異なるのは、マチのないアコーディオンのような構造です。マチがないので当然ながらポケットの内側にマチが出っ張らないし薄く作ることができる。そして見たい部分を好きな具合で開くことができるので窮屈感がありません(動画はコチラ)。カード入れは縦入れで取り出しやすく、コインケースも浅い舟形にしてあるため見やすく出しやすい。既存の財布では何が使いにくいのか、自分だったらどう使いたいかを考え抜いて生み出した独自パターンです。

 

LIZ -porosus x bridle + 黒豹- #2

2018-09-04

 

引手は黒豹でガーゴイル引手の中でも特に凝った仕様。地金に金メッキを施した後、口の中をマスキングしてからさらに黒メッキしています。両眼はイエローサファイア。TETORIさんの手による素晴らしい造形もさることながら、指に引っ掛かりの得られる引きやすい形状になっています。お客様の財産のお守りとして。

 

LIZ -porosus x bridle + 黒豹- #1

2018-09-03

 

ポロサスで製作したLIZ。傷がないだけでなく彫りが深く立体感のある非常に良い個体です。「以前、いただきましたSWITCHとは一味違ったLIZの小型、軽量でありながらのこの存在感に圧巻の一言です。」 過去にSWITCHをいくつか購入くださっているお客様からのご注文。明日は引き続き仕様について記載させて頂きます。

 

STAIR ROVER -city surf-

2018-09-01

 

超楽しい新たな乗り物です。クラウドファンディングで出資した8輪スケボーSTAIR ROVERが1週間ほど前にようやく到着。普通のスケボーよりは重いのでトリックとかやる感じではないですが、クルージングには最高でスケボーとは別物の乗り心地。点字ブロックとか小さな段差でスタックせずスムーズに超えてくれるので初心者の人にも乗りやすそう。柔らかめなので少しネジ締めたほうが良いかも。シリアルは6/300でした。これから秋になるので楽しみたいと思います。

 

SHOEHORN -porosus x brass-

2018-08-29

 

あわせて製作したシューホーン。尻尾の先の方のセンターを裏表が繋がった一枚革で切り出しています。尻尾はもともと丸い形状なので踵に合わせたカーブを自然に作ることができて滑りも良いのでシューホーンに適した素材。キーリングも付けてあるので鍵と一緒にしておくとなかなか便利です。金属のような薄さや剛性はありませんが持つ楽しさのあるひと品ではないかと思います。

 

LIZ -porosus x bridle + gargoyle diamond eyes- #2

2018-08-28

 

内装はワインカラーのブライドルレザー。ご要望で初めてやってみましたが黒の外装とのコントラストは意外性があり雰囲気たっぷりで大人っぽく仕上がりました。引手はガーゴイル獅子の両眼ダイヤモンドです。ヨーロッパ建築の意匠であるガーゴイルというモチーフを選択したのはお客様の財産のお守りになるようにという願いを込めたもの。TETORIさんの手による造形の素晴らしさとともに指に引っ掛かりが得られる引きやすい形状になっています。「いや〜良いですね。待った甲斐がありました。もっちりと綺麗な斑ですね。大事にがっつりと使い込んでいきたいです。」 ご注文ありがとうございました。

 

LIZ -porosus x bridle + gargoyle diamond eyes- #1

2018-08-27

 

ようやく良いポロサスが手に入って製作できました。欲しいと思ってもなかなか入手できないので大変です。外装はポロサスのセンター取りでもちろん継ぎ目なしの一枚革。生きていたときの形状や財布を出し入れする方向を考えると、この向きに革を使うのが適していると思います。ご注文くださったのはthree2fourの創業当時からお世話になっているお客様。CLIPやPOCKETなど色々と納品させて頂いており、こちらのミスでご迷惑をおかけしたこともあるのですが気長にお付き合いくださり有り難く思っています。

 

POCKET -elephant-

2018-08-24

 

近所の飲み屋で良くお会いするKさんからのご注文はエレファントのPOCKETです。個性的でありながら上品さもあり、頑丈で水や傷を気にせずに使える優れた素材。お忙しい中時間を頂いて飲み屋で納品しました。話をしている中で「この人知ってますか?」「超有名人ですよ」。大学時代の同期がKさんと同じ会社でメチャクチャ出世してるらしい。大学時代の同期は東工大出身とは思えないような仕事に就いている奴が多い。広告代理店、保険会社、銀行、新聞。もっと変わったところだとジャンボジェット機のパイロット、沖縄で予備校講師、脱サラして作家になったり革職人になったり。社会に適合していない連中も若干いますが(笑)、人生わからないもの、というか当たり前だけど自由なんですよね。あ、エレファントのPOCKETは1点在庫(コチラ)がありますので興味のある方はご検討お願い致します。

 

POCKET -shell cordvan #8-

2018-08-23

 

コチラはzinryuさん(twitterアカウントは@Zin_Ryu)が新調してくれたやつ。定番の#8はやはり良い色ですよね。ご本人のコメントはコチラ。いつの間にかもう6年もの付き合いになるんだな。彼と出会わなければ今の僕もなかったと思います。いつもありがとう。これからもよろしくね。

 

POCKET -shell cordvan navy-

2018-08-22

 

コチラはHorween社シェルコードバンのネイビーで製作したPOCKET。「持った瞬間手になじむ感じ、革の質感、コバの仕上がり、縫い糸のどれをとっても画像では感じられない素晴らしい物でした。素敵な財布をありがとうございました。エイジングしていくのが楽しみです。」そう言っていただけると普段の苦労が報われますし、この仕事をやっていて本当に良かったと思います。ご注文ありがとうございました。

 

POCKET -shell cordvan bourbon-

2018-08-21

 

コチラもHorween社シェルコードバンのバーボンで製作したPOCKET。「コードバンは初めてだったのですが、柔らかく、肌触りがすごくよいですね。思っていたよりも容量があり、小銭・お札・カード全て収まるのにコンパクトなのですごく使いやすいです。」ご存知の方も多いと思いますがHorween社シェルコードバンは表面が柔らかくて小キズのつきやすい革。使っているうちに目立たなくなっていきますが気になるようでしたらデリケートクリームを塗ってスプーンの腹でこすってあげるとわからなくなります。 ご注文ありがとうございました。

 

POCKET -shell cordvan bourbon-

2018-08-20

 

Horween社シェルコードバンのバーボンで製作したPOCKET。「小さなL字ファスナーは5,6個ほど所有しているのですが、ダントツで使いやすいですね。」購入された方がご自身のブログ 機能的な財布あります で紹介してくださいました(記事はコチラ)。なんと財布は100個以上お持ちだそうです。情報量も凄いですが何よりも自分で実際に使ってみて自分の言葉でレビューされているところが素晴らしい。感じたことを正直に書かれているので違和感なくスッと入ってきます。ご購入ありがとうございました。

 

NOTECOVER A5 -黒桟 x Bridle + Croco- #4

2018-08-16

 

簡単な下敷きも付けています。付箋の様に何回も貼り直しができるテープを貼ってあり、ノートの最初のページと最後のページに付けるもの。筆記の際に革の段差をスムーズに乗り越えられる様にすること、革に書き跡が残らないようにすることが目的です。いつもお世話になっているマルシン靴店さんのお客様からのご注文「本当にニコニコ顔で 仕上がりの良さに感心していました。人の優しさが伝わった逸品でした。」 とのこと。喜んでいただけて僕も嬉しい限りです。ありがとうございました。

 

NOTECOVER A5 -黒桟 x Bridle + Croco- #3

2018-08-15

 

今回のオーダーで唯一リクエスト頂いたのが栞の紐をつけること。細い丸紐ということでしたが、細いと見栄えの良い紐がないことと栞専用の平らな紐の方が邪魔にならず使いやすい。紐が傷んだら交換もできるようにと考えて、カバー本体にループを着けることにしました。大きいとモッサリするので小さめで、強度を確保するために弾力性に富んだクロコの脚の付け根を使用。縫い目のピッチが3mmなので2目分の6mmのウロコの大きさの部位を切り出して使用しました。

 

NOTECOVER A5 -黒桟 x Bridle + Croco- #2

2018-08-14

 

ノートに対してカバーをぶかぶかにしたくないのでサイズはぴったりめ、そしてフィットさせたいので表紙の差込部は深め。ただ、そのまま作ると表紙がカバーに掴まれてノートを開くのに不便が生じます。そこで表表紙の方だけは上下に細い革を挟むことで掴まれないようにしてあります。この工夫により、フィットしながらも開閉がスムーズなノートカバーになっているのです。

 

NOTECOVER A5 -黒桟 x Bridle + Croco- #1

2018-08-13

 

黒桟革で製作したA5サイズのノートカバー。外装は黒桟の一枚革でシンプルこの上ないひと品ですが、色々な工夫が入っているので明日から詳細をご紹介させて頂きます。

 

太陽のなみだ

2018-08-11

 

盟友Zinryu氏にお裾分けしてもらった太陽のなみだ。糖度11を誇るロッソ・ナポリタンというトマトです。噛むと口一杯に豊かな香りが広がって甘みが追いかけて来る。土の香る畑とギラギラした太陽を感じさせてくれる味。カミさんはフルーツみたいって言ってました。味わいがわかりやすいので冷やしすぎない方がおススメです。オーダー殺到で残念ながら直ぐには購入できないみたい。良いものを教えてくれてありがとう!

 

TOTE -shell cordvan navy x bridle x brass- #4

2018-08-09

 

このトートの最大の特徴がモジュール設計であること。本体、ハンドル、内装ポケットの接続仕様を決めてパーツごとに製作。作る立場からすると製作効率が良く、使う立場からはハンドルをショートに付け替えたり内装ポケットを外したりとフレキシブルな利便性を実現するものです。「今までの#4やバーボンとは、表裏ともまた異なる雰囲気でした。夏に合うように注文したので、早速使用したいと思います。」シェルコードバンのネイビーの床面て不思議と緑色なんですよね。たぶん圧力をかけてこするとネイビーになるんだと思います。いつも気長にお付き合いくださりありがとうございます。

 

TOTE -shell cordvan navy x bridle x brass- #3

2018-08-08

 

内装には上下2段のポケット。バッグを開けると直ぐ財布や携帯などにアクセス可能。内縫いなのでサイズの割には容量もあります。反対側には2つのリング。これもアクセスしやすい位置で、キーホルダーなどを下げるものです。バッグの中で鍵が迷子になってゴソゴソ探す必要がありません。細々したモノは収納する定位置を確保してあるのでサッと取り出せて、大抵の荷物は雑把に放り込んでおける気軽さもある。そんな使い勝手のトートです。ホーウィンスタンプが入っているのも嬉しいポイントですね。

 

TOTE -shell cordvan navy x bridle x brass- #2

2018-08-07

 

ハンドルは手提げと肩掛けの2種。ナスカンで簡単に交換することが出来ます。表は全てシェルコードバンを用いており、ブライドル(ネイビー)で裏張りすることで引っ張り強度を確保しています。持ち手裏は鹿革を折り返し張り合わせたパッド。クッション性と吸湿速乾性に優れた素材で柿渋に浸けているので抗菌作用も期待できます。

 

TOTE -shell cordvan navy x bridle x brass- #1

2018-08-06

 

バーボン、#4に続きコチラのネイビーでなんと3点目のトートご注文。入手困難な大判のシェルコードバンを丸ごと前胴、後胴に1枚ずつ使った非常に贅沢なひと品。金具の付け根やハンドルの表もシェルコードバンを用いており正面から見える部分は全てシェルコードバン。極めてシンプルかつ存在感のあるバッグです。ブライドルレザーは胴体にあわせてネイビー。引っ張り強度、水への耐性など素材の特性を考慮して底、マチ、ハンドルに使用しています。底にはしっかりとした芯を入れて鋲を打ってあるのでバッグを気兼ねなく床に置くことが出来ます。胴体と底をフラットに縫い合わせてあるので底が内側に出っ張らないのも大きな特徴です。

 

チキン南蛮と冷汁

2018-08-04

 

Fさんからの頂き物。ご出身地である宮崎のチキン南蛮と冷汁。冷汁はみょうがや大葉を散らしてさっぱりと食べられるのでこの時期にはぴったりですね。家族でとっても美味しく頂きました。夕食当番も一回これで楽できたし笑。ありがとうございました。

 

BLOCHE #appendix

2018-08-03

 

ティッシュケースはFさんに製作したもの。単身赴任されているので奥様とお揃いのアイテムを持つことで夫婦の繋がりを感じて頂ければと。端材で製作したブレスは奥様用でクラッチを持つときに一緒につけると洒落ていると思います。

 

BLOCHE #3

2018-08-01

 

本体を直接手で持つスタイルに加えて、裏の根革にリングナスカンを一つだけ通して指を引っ掛ける持ち方や、ストラップを接続してショルダーにすることも出来ます。リングナスカンは簡単に付け外しができるので、持ち方の融通が利くのが良いところ。コチラの商品を納品したのはFさんと出会った飲み屋。奥様もお見えになり3人で飲みながら食べながら品物を眺めつつ楽しい時間となりました。極めてシンプルでありアクが強くないのにしっかりと個性があるクラッチバッグ。奥様に喜んで頂いたのでFさんの嬉しそうな顔も見ることができて僕もあったかい気持ちになりました。ご注文ありがとうございました。

 

BLOCHE #2

2018-07-31

 

サイドは革を重ねてフラットに縫い合わせてあります。外観がスッキリとした仕上がりになるだけでなく、バッグの内側に縫い代の出っ張りがないのが特徴。バッグの上部を全開できるようにファスナーはサイドまで持ってきています。引手は指を引っ掛けられるようにループにしました。

 

BLOCHE #1

2018-07-30

 

飲み屋で知り合ったFさんが奥様にと注文してくださったのがコチラ。奥様と電話で直接お話させて頂いたところ小さめのバッグというザックリとしたご要望だけで後はお任せだったのでおすすめをご提案して仕様がすんなり決まりました。外装はボルドーのエレファントで裏張りにはグリーンのピッグスウェード。ステッチは焦げ茶ですがサイドの一列だけは内装にあわせてグリーンにしました。グリーンは安全、健康、繁栄などの意味合いを持つ色なので結構好きなんです。いつまでも仲良く健康に過ごしてくださいね。

 

りょう矯正歯科

2018-07-28

 

阿部さんが院長をされているのがりょう矯正歯科クリニック(HPはコチラ)。洗練された真っ白な外観とは対照的に、中の待合室は落ち着いた雰囲気で寛いだ時間を過ごせます。広くて明るい診察スペースは治療というより心地良いサービスを受けるような感覚でこれまた緊張をほぐしてくれる。ここまで患者の気持ちに配慮できるクリニックなので治療のレベルも推して知るべしですね。スタッフさん達も落ち着いた応対をされていて素敵でした。見えない矯正での治療もできるらしく大人向けの矯正専門医院と言う感じ。最近は成人の男性患者さんがとっても多いそうです。矯正って子供の頃にやるものと思っていたけど大人になってもできるんですね。ご興味のある方は一回相談されてみてはどうでしょうか。

 

2FACEplus -Indigo croco x Claton cordvan-

2018-07-27

 

藍染クロコの2FACEplus。「財布超いい感じです。愛用させていただていおります。」 ランチに行くときとかに使ってくれているみたい。注文してくれたのは近所の飲み屋で知り合った阿部亮太さん。前に一度カウンターで顔を合わせてから偶然2年ぶりくらいにバッタリ再会したんだけど何故かお互い覚えてて「アレ?」ってなって。久しぶりに話してみたらやっぱり優秀でカジュアルな男だなと。そんな彼の職場はメチャ素敵なところで、このあいだ建物探訪してきたので明日ご紹介させて頂きます。

 

LIZ -Elephant x Bridle-

2018-07-26

 

外装エレファント、内装ブライドルで色は黒というベーシックな取り合わせで製作したLIZ。エレファントは個性的でありながら上品さもあり、扱いも楽なのがおすすめポイント。注文してくれたのは飲み友のS君です。これまで使っていた財布が妙に大きいことがずっと気になっていたそうで、まずLIZのサイズ感と収まりの良さには納得されていました。Lジップで素早く財布を開けて全体を見渡すことができ、紙幣、コイン、カードへのアクセスも最適化してある使用性の良さもこれからゆっくり味わってください。ご注文ありがとうございました。

 

2FACEplus -Kurozan x Bridle-

2018-07-21

 

黒桟の2点目は2FACEplus。「ポケットに入れても全く気にならない素晴らしいサイズでした。メインの財布としても使える機能性もあり長く愛用できそうです。」 通勤や勤務中などに最低限の紙幣、コイン、カードをコンパクトに収納できるので便利にお使いいただけると思います。 「どちらのアイテムも細部の作り、黒桟のかっこよさを実感でき感動しています!」ご注文ありがとうございました。

 

PALM -Kurozan x Bridle-

2018-07-20

 

黒桟革の焦茶で製作したPALM。「マグネット式で開けるのがとても楽です。中も2つに分かれているため必要なカードを探す手間も省け使いやすいです。」気を付けていても何かと増えてしまうカード類を、コンパクトに探しやすくまとめたいという僕自身の要求を満たすために開発したのがPALM。ご指摘の通りマグネットで開け閉めがカンタン、上部が大きく開くのでカードが探しやすいのが特徴です。仕様改善してマチを繋ぐように細い革で縫い合わせてあるのでより開きやすくなっています。同じ黒桟の焦茶でもう一点ご注文いただいているので明日続いて紹介させて頂きます。

 

POCKET -Horween shell cordvan Navy-

2018-07-19

 

シェルコードバンのネイビーで製作した定番モデルのPOCKET。「持った瞬間手になじむ感じ、革の質感、コバの仕上がり、縫い糸のどれをとっても画像では感じられない素晴らしい物でした。」 こういう言葉を頂けると本当に普段の苦労が報われて、この仕事をやっていて本当に良かったなとしみじみ。外観上は非常にシンプルでよくある財布に見えますが、実際にお使いになると既製品とは全く異なる開放的な使用性を感じていただけることと思います。ご注文ありがとうございました。シェルコードバン#8の在庫(1点)はコチラです。

 

SWITCH -Indigo Elephant x Bridle-

2018-07-17

 

コチラがSWITCHの2点目として購入頂いた藍染エレファントのモデル。「クラフトマンシップのオーナーの方が(SWITCHを)非常に気に入り、素晴らしいと絶賛されていました」 楽しくお使い頂けているようで僕も嬉しい限りです。ありがとうございます。

 

SWITCH -porosus x bridle-

2018-07-16

 

ポロサスで製作したSWITCH。色々とお世話になっているクロコ好きなお客様が購入してくださいました。「凄く凄く使いやすくて感動いたしました」 大変ありがとうございます。使い勝手を非常に気に入って頂いて素材違いのSWITCHをもう1点購入されたので明日またご紹介させて頂きます。

 

VERMICULAR

2018-07-14

 

水曜と日曜の夕食当番の度にちょっとずつ色々な料理を試しています。先日やったのは肉の低温調理。鍋で温度を見ながら60弱をキープしてゆっくり火を入れ最後に表面をしっかりと焼いて出来上がり。これがとっても美味しかった。使えるかなと思って調べた炊飯器の保温機能の70度は、肉が固くなる温度58度に対してちょっと高め。そんなツイートをしたらzinryuさんがVERMICULARが使えるよと教えてくれました。1度刻み、1分単位で保温が出来るんですね。ご飯も炊けるし色々な料理が出来るようでカミさんに相談して購入。初めて作ったのは野菜の水分のみで作る無水カレーでした。ちょっと酸味が立っていたのでトマトは熟したものを使って、スパイスの効いたカレー粉を合わせると良さそうな感じ。これから夕食登当番の度にやったことのない料理にチャレンジしたいと思います。

 

SWITCH -elephant x cordvan- #2

2018-07-12

 

開閉の容易なマグネットボタンの蓋を開けた動作の流れで中身全体を見渡すことが出来ます。カードは縦入れで12箇所あり見やすく出し入れがしやすい構造。メインの部屋が2つと背面はレシートなどを入れるのに使えます。脇から親指を割り込ませるようにしてコインケースを開くと、底が浮上があり平らな場所にコインが並びます。「手触り・皺の質感ともに自分好みで最高です。」 革も使い勝手もこれからゆっくりとお楽しみください。ご注文ありがとうございました。

 

SWITCH -elephant x cordvan- #1

2018-07-11

 

外装はエレファント、内装は総コードバンのSWITCHです。通常内装はブライドルで製作しているのでかなり豪華バージョン。エレファントは個性的で上品、扱いも楽なので財布にもバッグにもおすすめの素材です。明日は内装についてご紹介します。

 

SEAL PAD wide -栃木レザー x ウルヴァリン社ピッグスウェード-

2018-07-09

 

いつもお世話になっている宇都宮の老舗印鑑店 鈴印さんに納めた印鑑パッドのワイドタイプ。書類の下にパッドを置くとその位置を気にせずに捺印できるのがメリットです。表はタンニン鞣しの上質な栃木レザー。裏はしっかりと厚みのあるウルヴァリン社のピッグスウェード。表の栃木レザーが印鑑の面をしっかりと受け止め、裏のスウェードが適度な沈み込みをサポートするので捺印がしやすい素材の組み合わせにしてあります。

 

SlowGun 501XX custom with Indigo Elephant

2018-07-07

 

久しぶりに恵比寿のSlowGunに立ち寄ったらおすすめ頂きました。90年代に製造されたリーバイス501XXのバレンシア工場モデルは評価の高い品らしい。それを解体して生地を足し込み、イマドキなシルエットに仕立て直してくれるとのこと。「革を組み込むことも出来ますよ」「マジですか!?」たまたま藍染エレファントを持っていた僕。もう買わない理由が見つからない(笑)。ウェストやレングスを採寸して着る人にあったパンツに仕立ててくれるので履き心地も抜群だし、自分が染めた藍染エレファントを組み込んでいるというストーリーも楽しくてメチャクチャ気に入りました。デニムを買うことなんてもうないと思っていたけどこれは実店舗ならではのモノとの出会い。嬉しくて手持ちの藍染エレファントを使ってくださいとデザイナーの小林さんにお送りしました。ストーリー満載なデニムパンツが欲しい方はSlowGunに走りましょう。藍染エレファントを組み込んだデニムをGetするチャンスはもう二度と来ないかも??

 

FRISK CASE 紫根クロコ、藍染クロコ

2018-07-06

 

先日仕上げた紫根染クロコと藍染クロコで製作したのがコチラのフリスクケースです。サイドは縫い代が出ないようフラットに繋ぎ合わせる縫い方。蓋は革と樹脂シートを強力な両面テープで張り合わせ、樹脂に両面テープを貼って蓋にくっつけています。両面テープが弱くなってきたら交換できるので実用性を考えるとこの方法が良いかなと考えています。

 

ENLIGHTMENTの御礼

2018-07-04

 

お陰様でENLIGHTMENT vol.11も無事に終了することが出来ました。まずは御礼申し上げます。あっさりと梅雨が明けて晴天に恵まれたというか、猛暑に見舞われたというか、雨が降らなくて良かったですね。イベントは初日から非常に沢山のお客様にご来場いただき大盛況となりました。2日目は常連様をはじめ偶然通りかかって商品に納得して購入してくださった方も。イベント後も商品は少しずつなくなっているので気になるものがある方はお早めに在庫(コチラ)をチェックしてみてください。イベント終了後は疲労がどっと押し寄せるんですが、体力回復してまた製作に励んでいきます。

 

前の記事