three2four

 

日常の出来事など含めて気ままに綴っています

 

【お知らせ】製作が遅れています。大変お待たせしており申し訳ありません。
当方からメールの返信がない場合は、メールアドレスや迷惑メールフィルタ設定などをご確認ください
即納可能な商品は<コチラ>でご確認頂けます(在庫有と記載)。お気軽にお問い合わせください。

 

フクモリ 万世橋店

2019-04-20

 

都内出張に行くと必ず通る秋葉原。先日行ってみて面白いなと思ったカフェがフクモリさんです。万世橋の構造をそのまま利用しており、空間がとても楽しくて居心地が良いんです。夜は予約可能でお手頃な飲み放題コースもあるので友人と楽しくやるにはおすすめのお店。秋葉原にこんな洒落た空間があるのねっていう意外性も良いので機会があれば行ってみてください。

 

2FACEplus -藍染エレファント x コードバン-

2019-04-18

 

同じ素材合わせで製作した2FACEplus。札、カード、コインが入る究極のミニ財布です。当然ながら容量の制限はありますが、使い勝手は良好。紙幣とカードは外ポケットで直接出し入れでき、コインケースは必要な時に脇から指を割り入れて開きます。お釣りのコインをもらったら放り込んで閉じるだけ。ちょっとした用途に非常に活躍してくれます。今週ご紹介した品3点はthree2fourスタート当初からお世話になっている方に納品させて頂きました。いつもありがとうございます。

 

POCKET -藍染エレファント x コードバン-

2019-04-17

 

鮮やかな藍染エレファントと繊細なネイビーコードバンを組み合わせたPOCKETです。容量と使い勝手の良さからコンパクト財布の決定版とも言えるモデル。名の通りヒップポケットに入れてカジュアルに使うことを想定しており、エレファントとコードバンという素材使いは商品特性と噛み合っています。

 

TISSUE CASE -黒桟 x スウェード-

2019-04-15

 

黒桟革のティッシュケース。表が黒桟の茶色で裏張りは赤のスウェード。アクセントとしてコバにスウェードの赤がのぞくようにしました。たまには自分のものも作ろうかな。

 

とんかつ檍 浅草橋店

2019-04-13

 

浅草橋にあるとんかつ檍さん。見慣れない字ですが”あおき”と読むそうです。ここのとんかつがメチャクチャ旨い。噛んだ瞬間のサクッとした食感の後に、とっても良い香りが口一杯に広がります。中はレアーな仕上がりで噛むほどに肉の旨味が溢れてくる。人生に於けるとんかつ観?が変わっちゃうお店。機会があれば是非一度行ってみてください!塩で食べるのがおススメです。

 

FLASH -croco x elephant-

2019-04-12

 

「無事flashが届きまして毎日使わせてもらっています。個人的には革巻きのシューホーンより使いやすいか、というか短靴を履くのにはflashで十分だなって思いました。ローテーションのスーツ分、少しずつ買い足そうかと思うくらい気に入ってます。」ありがとうございます。芯を含めて革だけで作っているので金属のような薄さや剛性はありませんが、フラットかつカードサイズで革の面白みもあり靴を履く補助道具としては十分機能すると考えてています。「松山さんの想定とは違いますが、タイトな靴を履く際に足抜けがいいので、辺の短い方を靴に入れるように使っています。」なるほど~。今度は革の向きを逆にしたものを作ってみます!

 

FLASH -ostleg x elephant-

2019-04-11

 

いつもお世話になっている革問屋さんが「面白い革があるよ」と出してくれたのがコチラ。ヌバックでピンク色のオーストレッグです。折角おすすめしてくれたので買ってしまったんですが、サイズが小さくて使い道が思い浮かばなかったのでエレファントと合わせてFLASHを作ってみました。個人的に好きなピンクとグレーの組み合わせです。

 

CLIP -RussianCalf x Horween Shell Cordvan- #3

2019-04-10

 

コインケースは見やすいボックスタイプで右手で開けやすい向けにつけてあります。お会計のときに札を数枚めくっておいてコインをピックアップして札と一緒に出すとスムーズに支払いができます。最初は札を仕舞うときのがやりにくかもしれませんが徐々に慣れてきます。 「念願のロシアンカーフ有難うございました。使いやすそうなマネークリップですよね。」ご注文ありがとうございました。

 

CLIP -RussianCalf x Horween Shell Cordvan- #2

2019-04-09

 

開くと左側がマネークリップ、右がコインケースとなっています。そしてセンターにはホーウィンスタンプ。このモデルを開発したのは札をめくる仕草を格好良くやりたかったから(笑)。なので右利き用と割り切って、右手で札をめくりやすいように札押えをつけています。札押えは内装のアクセントとして外装と同じロシアンカーフ。マネークリップ裏のフリースペースにはカードを2、3枚収納できます。

 

CLIP -RussianCalf x Horween Shell Cordvan- #1

2019-04-08

 

外装をロシアンカーフ、内装をホーウィン社シェルコードバンのバーボンで製作したCLIPです。ロシアンカーフは230年前の沈没船の船底から発見された世界で最も貴重な革素材。フランス革命やアメリカ独立戦争の時代に作られた革が海底で230年の時を過ごし現代によみがえったという嘘みたいな本当のストーリーを持った代物です。外装は贅沢にロシアンカーフの一枚革。なんとも言えないロマンですよね。

 

Tools Shoeshine

2019-04-06

 

今週ご紹介した黒桟シリーズをオーダーしてくれた彼のHP(コチラ)がいつの間にか出来ていたのでご紹介を。どんな若者なのかなと気になった方は是非会いに行ってあげてください。出勤スケジュールは コチラ でチェックできます。

 

TISSUE CASE -黒桟 x スウェード-

2019-04-05

 

最後の5点目はティッシュケース。表が黒桟で裏張りは赤のスウェード。さりげないアクセントとしてコバにスウェードの赤がのぞくようにしました。「どのアイテムも、黒桟革と合わせた時の藍染エキゾチックレザーのハマり具合が絶妙で、どちらの雰囲気も損なうことのない良いバランス感になったので、非常に気に入っております。個人的にですが、財布等の小物に関しては、いくつも所有して中身を入れ替えながら今日はこっち!明日はこっち!とするようなタイプではないので、自分が本当に欲しいものを若いうちから持つことが出来て嬉しいです。」 ファッション好きで今どきの若者らしい柔らかな雰囲気をたたえつつ、どこかに芯を感じさせてくれるところが魅力的な彼。20も年下なのにしっかりしてるなぁと感心してしまう僕ですがこれからもよろしくです。

 

SICS -黒桟 x ブライドル + 藍染リザード-

2019-04-04

 

4点目はコンパクトなカードケースSICSです。合計で6枚のカード(SIx CardS)が入ることから名付けました。モデル名は短く響きが良い様にいつも適当につけてます。外装は黒桟でアメ豚裏張り、内装はブライドルで一部に藍染リザードを。お客様のご要望で開発したモデルですが、必要最低限のカードってこれくらいでおさまるのかもしれませんね。

 

DOUZE -黒桟 + 藍染シャーク-

2019-04-03

 

3点目は名作パターンをアレンジしたコインケースDOUZE。留め具をマグネットボタンにして開閉をしやすくしてあるのと、握りやすい形状にすることで自分の好みに寄せてあります。蓋裏は藍染のシャーク。PALMもそうですが蓋裏の革は折り返し張り合わせにしてあり、裏側を一部くり抜くことで金具裏の出っ張りを吸収してアタリが表にでないようにしてあります。表はやっぱりなるべくフラットなほうが好きなんですよね。ちなみにモデル名のDOUZEは24の半分の数字。オリジナルに敬意を表して。

 

PALM -黒桟 + 藍染シャーク-

2019-04-02

 

2点目は沢山のカードをコンパクトにまとめられるカードケースPALMです。マグネットで開け閉めが簡単で、上部が大きく開くためカードを探しやすいのが特徴。外装は黒桟革で裏張りはアメ豚。マチはアメ豚を極薄にして折り返し張り合わせたものを使用しており、薄さと強度を備えています。蓋裏は初めてトライした藍染のシャーク。かなり濃い色になりましたが、なかなか渋い仕上がりで気に入ってもらえました。金色のボタンがよく合います。

 

CLIP without coin -黒桟 x ブライドル + 藍染リザード-

2019-04-01

 

靴磨き職人をやっている若い友人がオーダーしてくれた黒桟のCLIP woc。内装はブライドルで札押えだけアクセントで藍染のリザードを入れています。札押えが少し低めの位置にしてあるのは財布を持った時の親指に位置に合わせるため。カードは使い勝手を優先して外向きにしてあります。以前にも黒桟革のブレスレットを製作させてもらったことがあり、黒桟で小物を揃えていきたいとのこと。今回は何点か製作させて頂いたので明日から続いてご紹介していきます。

 

LIZ -藍染エレファント-

2019-03-30

 

藍染を何度も繰り返して赤みを帯びる段階にまで育てた個人的な秘蔵革といえるエレファントを使用したLIZです。常連のお客様がガーゴイル金獅子とあわせてご購入頂きました。藍と真鍮も相性が良くて個人的に好きな組み合わせなんですよね。いつもありがとうございます。

 

LIZ -croco brown x green-

2019-03-27

 

たまたま手に入った茶色ツートンのクロコ。樹木から新芽がのぞく春の息吹を意識して内装はグリーンにしてみました。もともと7senseさんのファンのお客様だった様ですが、この色合わせが大きなポイントとなりガーゴイル金獅子とあわせて購入して頂きました。これからLIZの機能性もゆっくり味わってもらえたら嬉しいなと思います。ありがとうございます。

 

LIZ -porosus x bridle-

2019-03-25

 

「薄さと使いやすさを兼ね備えた財布を求めていたので、運よく買えてとても嬉しいです。早速家で眺めながらニヤついております。」LIZはまさにぴったりの財布じゃなかいと思います。仕立てや選び抜いた素材の良さも勿論ですし、使って頂くと薄くてコンパクトであることと開放感のある使い勝手が両立されていることを実感していただけることと思います。 ご購入ありがとうございました。

 

SEAL PAD

2019-03-22

 

宇都宮の老舗印鑑店である鈴印さん(HPはコチラ)に納品させていただいている印鑑パッド。表はタンニン鞣しの上質な栃木レザー。裏はしっかりと厚みのあるウルヴァリン社のピッグスウェード。表の栃木レザーが印鑑の面をしっかりと受け止め、裏のスウェードが適度な沈み込みをサポート。捺印がしやすくキレイに写るいうパッドの機能を実現するために、革ならではの素材の組み合わせにしてあります。

 

B5 NOTE COVER -Horween shell cordvan- #3

2019-03-20

 

栞は新しいアイディアで作りました。ノートを開く動作の中で最後のページに辿り着けます。 ※動画はコチラ。くったりとしたシェルコードバンを適度な厚みで用いているので、ノートを開いた時に変な癖がついて内側に戻り筆記の邪魔になることがありません。はじめてやってみたけどこれは使いやすそう。出張に合わせて宇都宮まで打ち合わせに来てくださった大阪在住のお客様。先日のイベントにもご来場いただきました。大変ありがとうございます。出会いからまたひとつ新たな引出しが増えました。

 

B5 NOTE COVER -Horween shell cordvan- #2

2019-03-19

 

開けるとこんな感じです。外装は裏張りなしの一枚革。内装はブライドルレザーでメモばさみとしおりをシェルコードバンのバーボンで。カバーはノートに対してタイトなサイズにしてありますが表表紙の差込み部は上下に細革を縫いこんであり、カバーが表紙を掴まないようにしてあるのでノートをスッと全開できるようになっています。※動画(コチラ)の最後の部分。

 

B5 NOTE COVER -Horween shell cordvan- #1

2019-03-18

 

外装にシェルコードバンの一枚革を用いたB5サイズのノートカバー。これだけ大きな面積を切り出せるシェルを手に入れるのがまず大変。さらに楕円形のコードバンから大きな長方形を切り出すと端材が多く出てしまうので非常に贅沢な切り出し方です。外装を継ぎにしたほうがパーツ面積が小さくなるため切り出し効率が良くなるんです。外装がコードバン一枚革のB5ノートカバーは市場ではまず見られないのでオーダーならではの一品です。明日から詳細をご紹介させて頂きます。

 

確定申告と経理業務の軽量化

2019-03-15

 

昨日無事に確定申告を終えました。個人事業主にとっては面倒な作業のひとつで毎年苦労されている方も多いはず。ただ、いくつかのツールを導入しておくと普段の経理業務を圧倒的に軽量化できて確定申告も一日あれば十分終わるのでご紹介を。普段の経理業務に使用しているのはfreeeというクラウド会計ソフトです。まず画面がわかりやすく取っつきやすい。こちらで何もすることなくソフトは年々アップデートされて使いやすくなっていく。銀行のクレジットカードや交通系カードと連動できるので、買い物をしたり電車に乗ったりすると自動的にデータが流れ込んできて仕訳してくれる。というのが主だった良いところ。事業用の銀行口座はジャパンネットバンクを利用しています。自分のパソコンの画面が銀行窓口のようなもので店舗に行ったり待ったりする必要がなくやりたいことがすぐできる。送金処理をするときにはトークンというカードに表示される番号が必要になるので安全性が高いのも大きな魅力。交通系カードをSMART ICOCAにしているのはfreeeと連動できるからです。ネットの恩恵を最大限に受けられるツールを導入して普段の経理業務を軽量化しておき、確定申告のときはマイナンバーカードをリーダーでパソコンに繋いでfreeeの画面に従って入力を進めていくと申告と納税まで完了できます。

 

ENLIGHTMENTの御礼

2019-03-13

 

ENLIGHTMENTでは初めての試みとなる大阪、名古屋の連続開催も無事に終了し、引き続き都内で用事を終えて昨日ようやく家に帰ってきました。疲れたー(笑)。でも充実したツアーになりましたね。大阪会場を素早く撤収して直ぐに名古屋への移動はちょっと大変でしたが、その分より多くのお客様との出会いがあり自分の思いや考えをお伝えすることが出来たことを嬉しく思っています。いつもありがとうございます。また今日から地道により良いものを目指して頑張っていきます。あ、その前に確定申告しなきゃ~汗。

 

SWITCH for ENLIGHTMENT

2019-03-07

 

バッグに入れて使う大容量の財布として開発したSWITCH。留め具は開け閉めの簡単なマグネットボタン。開けると大きな2室とカード入れが現れます。カード入れは出し入れのしやすい縦入れで12スロット。コインケースはマグネット留めで開くと底が浮き上がりコインが平らな場所に並ぶ仕組みです。素材は個性と上品さを併せ持つエレファント。傷や水に強いタフな素材で僕自身大好きな革です。

 

2FACEplus for ENLIGHTMENT

2019-03-06

 

究極のミニ財布2FACEplus。藍染などのクロコ各種、シェルコードバンやスタンプものなど豊富に製作しました。使い勝手やお客様の感想など商品の詳細はコチラをご覧ください。写真右は新喜皮革のコードバンに白糸を通し黒コバの個人的な趣味で仕上げたもの。白と黒のコントラストが日本の繊細な革の美しさを引き立ててくれます。写真だとカッコよさがあまり伝わらないんだけど、、。

 

POCKET for ENLIGHTMENT

2019-03-05

 

コチラはコンパクト財布の決定版POCKET。外観は普通のL字ミニ財布ですが、大きなマチと仕切りがあるだけの他で見ない構造。これが抜群に使いやすくシンプルで飽きが来ない。コードバンとエレファントで製作をしました。

 

LIZ for ENLIGHTMENT

2019-03-04

 

イベントに向けて製作した在庫のご紹介です。まずはLIZ。マチのない独自構造により、薄さだけでなく見たいところを好きな具合で開けるストレスフリーな使い勝手を実現。コインケースは浅い舟形にしてあるので見やすくコインが隅に引っ掛かることがありません。カードは縦入れで4か所。幅にゆとりを持たせてあり1か所に3,4枚程度はいります。カードの露出面積が大きいため出し入れがしやすいのが特徴。財布を開くところから中身を確認し取り出してお釣りをしまい閉じるまで、すべての動線が滑らかに繋がるように考え抜いて設計したコンパクトな極薄長財布。素材はポロサス、エレファント、シェルコードバン、リザードなど希少な極上素材が揃っています。構造や質感がわかりやすいように動画も載せてあるので是非ご覧ください。

 

NEAL'S YARD REMEDIES

2019-03-02

 

友人からの頂き物。キャップを開けると先端にボールがついていて、手首や首筋に押し付けてコロコロとやると心地よいハーブの香りが立ち上がります。いわゆる香水を自分がつけるのってちょっと気恥ずかしいような気もするんだけどこれなら気兼ねなく使うことができますね。コンパクトで見た目もスッキリしてるからカバンの中にいつも入れておきたい。Travelを気に入ってStudyを買い足しました。恵比寿駅ビルの6Fにお店があります。Nちゃん、気の利いたものをありがとう!

 

Gargoyle獅子DiamondEYEs by TETORI

2019-02-28

 

ノードルダム大聖堂からパリの街を見守るガーゴイル。人の暮らしを守る建築物の装飾的な意匠には災厄を寄せ付けず平和を保つという人の願いが込められていると僕は考えています。そこで財布という財産を司るアイテムを守る象徴としてガーゴイルを選択しました。製作はTETORIさん。燻加工した重厚なsilver925と両眼に嵌め込んだダイヤが放つ強い輝き。引きやすい形状。取り外し可能なメンテナンス性。一切ダレの無い外観もさることながら、口の中の一本一本の牙やその先に乗った舌のうねりまでキッチリ作り込まれています。

 

LIZ without coin -nubuck lizard x bridle-

2019-02-27

 

3点目は極薄コンパクトなLジップ長財布LIZ。外装は胴体センターで内装はネイビーのブライドルです。マチのない独自構造により、見たいところを好きな具合で開けるストレスフリーな使い勝手を実現。カードは縦入れで6か所。幅にゆとりを持たせてあり1か所に3,4枚程度はいります。カードの露出面積が大きいため出し入れがしやすいのが特徴。引手はTETORIさん製作のGargoyleDiamondEYEs。コチラは明日紹介させて頂きます。以上3点で納品させて頂きました。「超カッコイイです」ご注文ありがとうございました。

 

POCKET -nubuck lizard x bridle-

2019-02-26

 

2点目はPOCKET。開放感のある使い勝手とコンパクトな見た目以上の容量を併せ持つミニ財布の決定版です。外装は胴体センターで、内装やマチはワインカラーのブライドル。ご要望でマチにはカードポケットを一つ設けました。また、引手はちょっと長めでコードバンとのコンビ使いに。革を分厚く重ねているので非常に引きやすいのです。

 

CARDCASE -nubuck lizard x bridle-

2019-02-25

 

近県から仕様の相談に来てくださったお客様。とても革好きな方で打ち合わせの間は楽しい時間となりました。今回は3点ほど製作させて頂いたのですが、素材として選んだのはヌバックのリザード。個体が大きめで革に立体感があるのと、ヌバック仕上げなので上品な雰囲気が漂っています。まず一点目は頭部のセンターで製作したカードケースです。形状はオーソドックスで片側はマチがあって大容量、もう片方はシンプルな段のカード入れ。上品で優しい印象のカードケースになりました。

 

WATCHBELT -shellcordvan#8 x kurozan- #2

2019-02-21

 

2本目はコチラ。#8を黒染料で染めたものです。オーダーは1本だったのですが実は仕上げの工程でベルト穴のコバに色を入れている際に染料がはみ出してしまい取り返しはつかず、、、。たまたま時計の文字盤は黒だったのであっさりと割り切って、#8のベルト全体を黒に染めました。レバー付きバネ棒を組み込んであるので気軽に交換して楽しんでいただければと思います。「また、革製品オーダー致します!」ご注文ありがとうございました。

 

WATCHBELT -shellcordvan#8 x kurozan- #1

2019-02-20

 

5年程前にシェルコードバン丸一枚から財布など3点を製作させて頂いたお客様からご注文の時計ベルト。ついこの間の様な気もするけれど、あれから随分時間が経ったんだなと驚かされます。表はシェルコードバンの#8で、裏は黒桟革です。時計はハミルトンのベンチュラ。個性的な面白いデザインですね。文字盤に合わせて糸とコバは黒にしました。バネ棒はレバー付きでベルト交換が簡単。もう一本製作したので続いて紹介させて頂きます。

 

WATCHBELT -russiancalf x kurozan-

2019-02-18

 

こちらは友人の依頼で製作。全部お任せだったので僕なりにやってみました。まず革は枯れた古時計と抜群の相性を見せてくれるロシアンカーフ。縫い糸は盤面にあわせてナチュラルのシニュー糸。バックルは針に合わせて金色を選択しました。表面に目の細かいヤスリをかけて少し光沢を落としました。裏張りは黒桟革。時計本体が小さいものでレバー付きバネ棒はサイズがなかったので通常のバネ棒を使用しています。なかなかタイミングが合わずにまだ渡せていないんだけど、なるべく早めに届けたいなと思っています。

 

WATCHBELT -russiancalf x kurozan-

2019-02-15

 

2点目はロシアンカーフを使ったベルトです。230年前の嵐の夜に沈没したキャサリナ号が英国プリマス湾海底で発見されて船底からサルベージされたのがロシアンカーフ。フランス革命やアメリカ独立戦争など激動の時代から200年も海底で静かな時を過ごし再び奇跡的に地上に顔を出した、言うまでもなく世界で一番希少な革素材です。その歴史を自分の手首に巻けるなんてこの上なくロマンチックですよね。以前から贔屓にして沢山のご注文を下さる地元のお客様。直接お渡ししてとても喜んでもらえました。いつもありがとうございます。

 

WATCHBELT -crocodile x kurozan- #2

2019-02-14

 

裏張りは黒桟革。丈夫であるとともにサラッとした着け心地になります。バネ棒はレバー付きで工具なしで簡単に取り外しできてベルトを痛めることもありません。もう一本製作させていただいたので引き続き明日ご紹介いたします。

 

WATCHBELT -crocodile x kurozan- #1

2019-02-13

 

大型のクロコの顎下部位。センターから最も斑が美しい部分を切り出して製作した超贅沢な時計ベルト。彫りが非常に深く、明らかに異質な存在感を放つ一本に仕上げることが出来ました。時計本体との相性も最高です。時計ベルトの製作も新たな領域にちょっぴり踏み込めた様な気がします。

 

ENLIGHTMENT vol.14&15 3/9,10 12:00-16:00 大阪、名古屋連続開催

2019-02-11

 

次回の展示販売イベントENLIGHTMENTは大阪、名古屋の連続開催です。色々な都市に行きたいということと、今年は名古屋のお客様にもお会いしたいのもあって初めての試みにトライすることになりました。また今回はパティーヌのスペシャリストである佐藤氏が代表を務める「BRUSQUE HOUSE」さんの参加も決定。7senseにもthree2fourにもない独自の個性を持った商品がイベント会場に並びます。貴重な一点物のサンプルなども販売されるとのこと。お客様の日常をより楽しくするモノをご提供できるよう参加者一同しっかりと準備を進めていきます。名古屋会場ではパーソナルスタイリストの菅原さん(コチラ)がスタッフとしてお手伝いしてくださるので気軽にスタイリングの相談も。皆様のご来場をお待ちしております。

 

POCKET -shell cordvan navy-

2019-02-08

 

Horween社シェルコードバンで製作したPOCKET。three2four創業当初から存在する定番中の定番と言えるアイテムです。「まだ手に馴染んでいませんが、ポケットに入れた際に邪魔にならない薄さで日常使いに最適なサイズ感ですね。」ミドル財布VIEWのオーダーも頂いております。ご注文ありがとうございます。

 

POCKET -crocodile x cordvan-

2019-02-07

 

クロコダイルとコードバンの組み合わせで製作したPOCKET。通常使っているクロコは顎下部位がPOCKETのサイズには足りないのですが、たまたま切り出せる個体があり製作することが出来ました。竹斑から細かい丸斑への変化がバランスよく収まったひと品。カード入れもご注文いただいております。ありがとうございます。

 

FLASH -crocodile x elephant-

2019-02-06

 

靴好きなお客様。「現在携帯用の靴べらは水牛なのですが、是非FLASHを携帯して使用したい」とのことでご注文いただきました。もともとZinRyuさんのTwitterから僕のページも御覧いただくようになったそうです。N様、ZinRyuさん、ありがとうございます。

 

FLASH -crocodile x elephant-

2019-02-05

 

コチラはたまたま手に入った焦げ茶の素材で在庫として製作しましたが、丁度良いタイミングでお問い合わせがあり直ぐにご購入いただきました。ありがとうございます。FLASHは尻尾のセンターから、角がウロコの谷間にかからないように切り出しています。

 

FLASH -crocodile x elephant-

2019-02-04

 

カードサイズのシューホーンFLASH(FLAtSHoehorn)。表は踵の滑りが良いクロコで裏は靴との摩擦が得られ頑丈なエレファント。芯材となる革に溝を彫り、ウロコの谷間で折れ曲がるようになっています。通常はフラットで財布などにしまうことができますが、使うときは踵に合わせて折れ曲がるというアイディア。昨年購入されたお客様から2点目のご注文。ありがとうございます。

 

森平の爪切り

2019-02-02

 

仕入れのためレンタサイクルで浅草界隈をまわっていると色々な老舗店に出くわします。今回見つけたのは創業80年の刃物の専門店である森平さん(HPはコチラ)。刃物や砥石の品揃えが非常に豊富。若く穏やかで誠実なご主人が丁寧に質問に答えてくれます。今回購入したのは850円の黒い爪切り。切れ味が良いためパチンという音がせずに、スッと刃が入っていくのは新鮮な使い心地。切った爪は飛び散らず本体に収納されるので使い勝手も良好。お気に入りの刃物を手に入れたい方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

ONEPIECE SHOEHORN -crocodile-

2019-01-31

 

クロコ尻尾のセンターを継ぎ目なしの一枚革で使った贅沢なシューホーン。表と裏の革の大きさが微妙に異なり踵に合わせたカーブ形状になっています。 BITと2FACEplusをお使いのお客様に納品しました。装いを崩さないアイテムの組み合わせで非常にスタイリッシュですね。ご注文ありがとうございます。

 

TISSUE CASE -藍染リザード-

2019-01-29

 

2点目は藍染リザードです。独特の色合いが美しい一品。ちょっとしたことですが凝ったティッシュケースを使っている方を見かけたら心にゆとりがあるな~となりそう。「とても気に入りました。また機会があれば、次は別の商品もお願いしたいです。」ご注文ありがとうございました。

 

TISSUE CASE -elephant-

2019-01-28

 

ご自身用とプレゼント用にとティッシュケースを2点ご注文いただきました。1点目はエレファント。豪華ですね。小さいアイテムですが非常に迫力があります。上品で個性もあり水や傷に強くて扱いが楽なエレファントは僕自身とても好きな素材です。

 

TOTE -elephant x bridle x brass- #4

2019-01-24

 

このトートの最大の特徴がモジュール設計であること。本体、ハンドルの接続仕様を決めてパーツごとに製作。作る立場からすると製作効率が良く、使う立場からはハンドルをショートに付け替えたりフレキシブルな利便性を実現するものです。three2fourを創業するときに色々と相談に乗っていただいて以来、ゆるりとしたお付き合いのある女性のお客様。お会いするといつも明るくて元気をもらいます。「軽くて 格好良くて 丈夫で…私自身とても気にいってますし、家族にも「超高級そう!」と高い評価を受けています。」バッグの存在感が大きいので服の方はあっさりとしてても様になりそうですね。色んな合わせをこれから楽しんでください。 ご注文ありがとうございました。

 

TOTE -elephant x bridle x brass- #3

2019-01-23

 

内装は紫のピッグスウェード。エレファントのボルドーと相性抜群です。片側にはアクセスしやすい位置にリングが2つ。キーホルダーなどを下げておけば、バッグの中で鍵が迷子になってゴソゴソ探す必要がありません。反対側には財布や携帯などを入れるポケットをつけることもできますが今回は無しの仕様となりました。クラッチなどを入れて使う方はそれでも良さそうですね。

 

TOTE -elephant x bridle x brass- #2

2019-01-22

 

ハンドルの表は全てエレファントを用いており、ブライドルで裏張りすることで引っ張り強度を確保しています。持ち手裏は鹿革を折り返し張り合わせたパッド。クッション性と吸湿速乾性に優れた素材で柿渋に浸けているので抗菌作用も期待できます。

 

TOTE -elephant x bridle x brass- #1

2019-01-21

 

ボルドーカラーのエレファントを外装に使用したトートバッグ。引っ張り強度、水への耐性など素材の特性を考慮してマチ、底、ハンドル裏にはブライドルレザーを使用しており金具は真鍮製。底にはしっかりとした芯を入れて鋲を打ってあるのでバッグを気兼ねなく床に置くことが出来ます。胴体と底をフラットに縫い合わせてあるので底が内側に出っ張らないのも大きな特徴です。

 

POCKET -shell cordvan #4-

2019-01-18

 

Horween社シェルコードバン#4で製作したPOCKET。「これからのキャッシュレス社会にはうってつけの財布だと思います。」もともとコインケースとして開発したモデルですが、構造物の少なさによる薄さと容量の両立はキャッシュレスの使い方でもメリットがありますね。シェルコードバン財布を愛用されているお客様。これから素材も使い勝手もゆっくりお楽しみください。ありがとうございます。

 

2FACEplus -crocodile x bridle-

2019-01-16

 

顎下部位を用いた2FACEplus。表と裏で斑の入り方が異なるのが面白いところです。「もう、感動しかありません。鳥肌立ちました。」しばらくお使いになってからまたご連絡を頂きました。「使い勝手も良く、ますます魅力にとりつかれています。」ありがとうございます。

 

POCKET -shell cordvan bourbon-

2019-01-14

 

「先月、POCKETを購入しました。素材はもちろんですが、丁寧な仕上げにも大変満足しています。また、とにかく薄く・軽く使い勝手も気に入っております。そこで、もう一つPOCKETをオーダーお願いします。」今度は黒のコードバンでご注文を頂きました。気に入って頂けているようで何よりです。お使いになる方の生活がより楽しくなったら作り手としてそれほど嬉しいことはありません。 本当にありがとうございます。

 

TOTE shell cordvan #4 x bridle x brass #4

2019-01-12

 

このトートの最大の特徴がモジュール設計であること。本体、ハンドルの接続仕様を決めてパーツごとに製作。作る立場からすると製作効率が良く、使う立場からはハンドルをショートに付け替えたりフレキシブルな利便性を実現するものです。昨年末のイベントにこのバッグを持ってお客様がご来場くださいました。マチまですべてシェルコードバンなので迫力が凄まじい(笑)。服好きな若き経営者にこのバッグは良く似合ってました。ありがとうございます。

 

TOTE shell cordvan #4 x bridle x brass #3

2019-01-11

 

内装にセンターにはホーウィンスタンプを配置してあります。片側にはアクセスしやすい位置にリングが2つ。キーホルダーなどを下げておけば、バッグの中で鍵が迷子になってゴソゴソ探す必要がありません。ぶら下げているのは一枚革で製作したシューホーン。継ぎ目なくリング部分で折り返し繋がっており、スッキリとしたデザインで鍵をつけておくと毎日玄関で便利にお使い頂けます。

 

TOTE shell cordvan #4 x bridle x brass #2

2019-01-10

 

ハンドルの表は全てシェルコードバンを用いており、ブライドルで裏張りすることで引っ張り強度を確保しています。持ち手裏は鹿革を折り返し張り合わせたパッド。クッション性と吸湿速乾性に優れた素材で柿渋に浸けているので抗菌作用も期待できます。

 

TOTE shell cordvan #4 x bridle x brass #1

2019-01-09

 

入手困難な大判のシェルコードバンを丸ごと前胴、後胴に1枚ずつ。今までブライドルを使用していたマチまでシェルコードバンにした超贅沢なトートバッグです。金具の付け根やハンドルの表もシェルコードバンを用いており表から見える部分は全てシェルコードバン。極めてシンプルかつ存在感のあるバッグです。ブライドルレザーは胴体にあわせてボルドー。引っ張り強度、水への耐性など素材の特性を考慮して底、ハンドル裏に使用しています。底にはしっかりとした芯を入れて鋲を打ってあるのでバッグを気兼ねなく床に置くことが出来ます。胴体と底をフラットに縫い合わせてあるので底が内側に出っ張らないのも大きな特徴です。

 

手帳のフォーマット

2019-01-05

 

年が明けて新しい手帳を探している方もたくさんいらっしゃるかと思いますので僕が使っている手帳を紹介させて頂きます。手帳とは言っても自作フォーマットをA5ノートに貼るだけ。※フォーマットはコチラから無料でダウンロードできます。人生年表(30年)、カレンダー(1年)、2週縦(1ヶ月)という3つの時間軸。人生年表は自分の人生をイメージするためのもので、主に使うのはカレンダーと2週縦。動画(コチラ)にあるように2ページをA4用紙1枚に印刷して二つ折りにして周りをすこしカットし貼り合わせてA5ノートに貼ります。カレンダーは月ごとに分かれていない連結したカタチなので距離感が把握しやすいのがメリット。2週縦は横、縦に線を引くだけでさっと出張や会議の予定が書き込める。月替わりで新しい月間スケジューラを貼るので 1日の内容は記載容量の制限なく書き込めるのが良いところ。仕事の議事録もプライベートな日記も全てを書き込むライフログ。あのデータはどこだっけ?にならないのはこの上なく安心で快適。ノートとして自分史が積み上がっていきます。この手帳を最も快適に使用するための手帳カバーLOFの設計思想(コチラ)も良かったら眺めてみてください。何かしら皆様の参考になるものがあれば幸いです。

 

FLASH

2019-01-04

 

財布の中に入れられるシューホーンが欲しいとのご要望を頂いてい開発したのがFLASH(FLAtSHoehornから抜き出し)です。クロコの尻尾センターはカーブが作りやすく踵の滑りが良いのでシューホーンに適した素材。カットを変えて上下を識別できる形状にしてあり、鱗の谷間に沿って自然に曲がるように芯となる革に溝を掘っています。裏面のエレファントは靴の内側との摩擦が得られるため足を入れる時にシューホーンが滑らないようにする意図で使用。カードよりもすこし小さいサイズで邪魔にならず革の特性と機能を結びつけた、シンプルこの上ないけれども僕らしいひと品。実際に使ったモノを紹介されている革製品のレビューサイト機能的な財布ありますさんにてご紹介頂きました(記事はコチラ)。動画まで入っていていつもながら内容が非常に濃いですね。ありがとうございます。

 

Sew BEYOND

2019-01-03

 

新年あけましておめでとうございます。例年通り年明けから縫いまくり一瞬で過ぎ去った2018年。積み上がったオーダーにひたすら取り組んで来たのですが、その中でも既存のパターンや技術の見直し(TOTE フルFLAT縫製、PALM構造変更、CLIP曲げ張りのフラット化)、何故か新規パターン開発(BLOCHE、FLASH)、新規素材やアイディア(紫藍、紫根、シェルコードバンのロシアン型押し、ガーゴイル黒豹)などチャレンジも数多くありました。事業は市場で成立する商品開発をしてそれが陳腐化する前に次なる新規商品を投入して継続していくのが一般的。ですが僕の場合は頭をひねって新しい機能を産み出すこと自体が凄く好きなんですよね。とんでもないエネルギーが要るけど新しいモノを作ることで得られる技術の広がりが自分の中に眠っているアイディアを刺激してまたやりたい事がどんどん増えていく。いつも今の自分をちょっぴりハミ出していく、そんな小さなチャレンジを気軽にたくさん積み重ねて使う方の生活をより豊かにする品を届けられるよう努めたい。これは実は全く優等生的なコメントじゃなく、そのほうが自分の人生が楽しくなるというのがホントに正直で単純な理由です。モノを通じてお客さんと心が繋がる瞬間を味わいたい。2年振りのパターンオーダーも承っておりますので本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

前の記事