three2four

 

日常の出来事など含めて気ままに綴っています

 

【お知らせ】製作が遅れています。大変お待たせしており申し訳ありません。
当方からメールの返信がない場合は、メールアドレスや迷惑メールフィルタ設定などをご確認ください
即納可能な商品は<コチラ>でご確認頂けます(在庫有と記載)。お気軽にお問い合わせください。

 

RAD -紫藍クロコ x Bridle-

2021-0122

 

3人目のRAD所有者はcanoeist_coffee(アカウントはコチラ)さん。自家焙煎の煮出しコーヒーということで、フィルターを使わず煮出すので豆を丸ごと味わえるのが特徴だそうです。地元でコーヒーのイベント開催など活動中。ナイスガイでセンスの良い方なのでもし将来お店を持つとしたら、彼がどんな空間を作るのか興味があります。ご注文ありがとうございました。

 

RAD -Horween shell cordvan x Bridle-

2021-0120

 

こちらは飲み友の友人が購入してくれました。外装はHorween社シェルコードバンのグリーン、内装はブライドルのグリーンです。昨年地元の飲み友3人と飲んだんですが、3人ともRAD所有者。もう一つも続いて紹介したいと思います。ご注文ありがとうございました。

 

RAD -crocodile x Bridle-

2021-0118

 

地元の飲み友が購入してくれました。栃木県も緊急事態宣言の対象地域となり、飲みに行くことが出来なくなりました。僕は基本的に一日中家にいることが多くて夜にちょこっと飲みに行くのが一日の終わりの儀式みたいになってたので、それができないとやっぱり息苦しい感じがありますね。ちなみに彼の奥さんはかなりの美人さん。普通に行けるようになったらまた一緒に飲みに行きたいっす。ご注文ありがとうございました。

 

LIZ -crocodile x Bridle-

2021-0115

 

「このコンパクト感、長財布を感じさせないですね!小銭も見やすく、非常に取り出しやすいです。今まで、小銭が取り出しにくい長財布、ちょっと大きいと感じる長財布を、「長財布はこんなもんなんだ」と自分に言い聞かせて仕事用で使ってました。でも、LIZを触ってると、今までのストレスが嘘のようです!札を折りたくない、というのがあるので、鞄に札入れ代わりに長財布を入れ、小銭とカード数枚を入れる小型の財布を持ってましたが、LIZひとつでOKですね。ファスナーも軽快です!LIZ、使うのが楽しみです。」LIZは”自分だったらこんな長財布を使いたい”を集めて結晶にしたようなモデル。それが人に伝わりコミュニケーションが成立した瞬間というのは何度味わってもホントに嬉しい。ご注文ありがとうございました。

 

LIZ -Zebra x Elephant x Bridle-

2021-0113

 

「正直自分が使いたいです(笑)」友人が彼女へのプレゼントとして購入してくれました。外装はなんとシマウマ。存在感とお洒落さがずば抜けてますね。内装はブライドルでポケットにはエレファントを使用したAFRICAモデル。持っているだけで気分が上がります。「力強くて美しく、実用性もこだわり尽くされた最高の財布です!」実は彼と壮大な旅を計画しているんですが、コロナ次第でどうなることか。ご購入ありがとうございました。

 

紫藍ポロサスLIZ

2021-0111

 

「これは本当にヤバい代物ですね。ポロサスの美しい紋様が紫藍の妖艶なオーラを纏い、TETORIさんの緻密なガーゴイルと相まってこの上ない存在感を醸し出しています。大事に手入れしながら一生モノにしたいです。購入して良かった。」(※引手はTETORIさんのガーゴイルに交換) 素材の味わい、存在感。圧倒的ですよね。この素晴らしさを共有できてメチャクチャ嬉しいです。そして実は昨年秋に紫藍エレファントを購入されてから2つ目のLIZが本作。「自分でもまさかエレファントから立て続けにポロサスにいくとは思いもよりませんでしたよ。松山さんの術中にハマってしまいました。セールスがお上手です(笑)」そこは初めて褒められました(笑)。いつもお客さんがしっかり判断して買ってもらっている感じなんですよね、、。これからもモノと人との良いマッチングが出来ればと思っています。ご注文ありがとうございました。

 

パターンオーダー受付のお知らせ(1月中)

2021-0107

 

すっかり時間が空いてしまいましたが1月中はパターンオーダーの受付をさせて頂きます。納期は来年以降になると思うのでお時間にゆとりのある方はご検討よろしくお願い致します。

 

Sew together

2021-0105

 

あけましておめでとうございます。コロナ禍という特殊な状況ではありましたが、製作に明け暮れていつも通り一瞬で過ぎ去った2020年。今年も今まで通り、使う方の生活がより豊かになるモノを作ることが目標であることは変わりません。ただ昨年やりそびれてしまった「革職人になりたい人の話を聴く会」とか、職人とお客さんという関係以外にも自分が何かしら他人の役に立てるプラスの関りを今年は増やせたら良いなと思っています。本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

前の記事