three2four

 

日常の出来事など含めて気ままに綴っています

 

【お知らせ】製作が遅れています。大変お待たせしており申し訳ありません。
当方からメールの返信がない場合は、メールアドレスや迷惑メールフィルタ設定などをご確認ください
即納可能な商品は<コチラ>でご確認頂けます(在庫有と記載)。お気軽にお問い合わせください。

 

CARDCASE -lizard x bridle-

2017-08-17

 

外装は焦げ茶のリザード、内装はブライドルの名刺入れです。リザードは100%野生個体なので成長に従ってどうしても傷が増えてくるため綺麗な個体を入手するのが大変。これは選び抜いたリザードをセンター取りしています。写真ではよくわかりませんが現物は良い雰囲気で革の良さを十分味わっていただけると思います。いつもありがとうございます。

 

SWITCH -Elephant x Bridle- #2

2017-08-15

 

中はこんな感じです。開くと大きな札入れが2室、出し入れがしやすい縦入れのカードスロットが12、レシートなどは背面に入れておくことが出来ます。マチに指を割り入れてコインケースを大きく開くと底が浮き上がり、コインが平面に並びます。ボタンは開け閉めがが楽なマグネット。蓋を開けてから中を見るまでがワンアクションで行えて、閉じるときも蓋を近づけると勝手にカチッとくっついてくれます。イベントで現物を確認して後日購入してくださったお客様。いつもありがとうございます。

 

SWITCH -Elephant x Bridle- #1

2017-08-14

 

エレファントで製作したSWITCH。内装はブライドルでマチや裏張りはアメ豚です。外装はぐるりとエレファントの一枚革。エレファントの特徴であるシワを財布の中にどのように収めるのか、いつも悩みながら切り出します。

 

big meat source

2017-08-12

 

毎週日曜日は夕食当番。先日は料理本やネットでよく紹介されている落合シェフのレシピでミートソースを作ってみました。スーパーに行くと牛ひき肉ってちょっとしか入ってないし結構高いんですよね、、、。でも肉々しい(?)ソースにしたかったのでひき肉ではなくステーキ用の安い外国の赤身肉を粗く切って使いました。レシピ自体ひと手間かかりますが本格的な味で好評。週に一回、日曜の午後にお酒を飲みながら作る料理は気分転換にもなっています。

 

SWITCH -Crocodile x Bridle- #3

2017-08-09

 

中身を入れたイメージです。動画はコチラ。縦入れのカードスロットx12。メインの部屋x2とコインケース。レシートなどを裏に入れておくことも出来ます。「仕上がりに感動しています。ただいま、5時間ずっと眺めています 笑 」 ご注文ありがとうございました。様々なパターンを開発するに従って自分の製作の考え方もどんどん変わり続けて仕様変更を繰り返してきたSWITCH。毎回最終型と思って作っていますがコレが最終型になるかどうか。

 

SWITCH -Crocodile x Bridle- #2

2017-08-08

 

蓋を開けたところです。中央の閉じている部分がコインケース。マチから指を割り込ませることで開きます。

 

SWITCH -Crocodile x Bridle- #1

2017-08-07

 

クロコダイルで製作したSWITCH。外装は胴体から蓋まで繋がったセンター取りの一枚革です。蓋の部分に斑の細かい部分が入るように切り出しました。問屋さんに積んである山の様な束の中から時間をかけて選び抜いた信頼できる一枚。何回やっても切り出しはいつも緊張します。

 

POCKET -Elephant- aging sample

2017-08-05

 

飲み友が彼氏へのプレゼントにと購入してくれたエレファントのPOCKET。ずっとヒップポケットに入れて愛用してくれているそうで物凄い光り方をしています。やっぱりエレファントは頑丈ですね。使用期間はおよそ1年です。

 

POCKET -Elephant x Indigo cordvan-

2017-08-04

 

外装は黒のエレファント、仕切りとマチは藍染コードバンという組み合わせ。藍染にあわせてファスナーのテープと縫糸はネイビーです。いつもありがとうございます。

 

POCKET -Horween shell cordvan #4 back stamp-

2017-08-02

 

Horween社シェルコードバン#4のバックスタンプと引手にロシアンカーフを使用してイベント用に製作した特別仕様のPOCKET。6月のENLIGHTMENTにて下記のCLIPと同時にご購入頂きました。「今使用しているPOCKETのデザイン、使い勝手がとてもよく、それを見ている/実際に使ってみた方から"これいい!! これほしい!!"とほぼ毎日言われている」とのこと。ありがとうございます。POCKETは僕が開発した中でも古くから売れ続けているパターンのひとつ。外見はこのうえなく普通ですが使ってみると使用性が全く異なることを実感していただけると思います。

 

CLIP without coin -JP/US/UK triple cordvan-

2017-07-31

 

CLIPコインなしVerを赤茶系の3種コードバンで製作した特別仕様です。外装は日本の新喜皮革、内装カード入れはアメリカHorween社、マネークリップ部はイギリスClayton社のコードバンを使用。一口にコードバンと言ってもタンナーによって個性が相当に異なります。そしてコードバンを知るには実際に使ってみるのが一番。世界を代表するタンナーのコードバンの味わいやエージングを1つの財布で同時に楽しめるというアイディアです。「本当に面白いアイディアだと思いました。あれっ?こんなすごい財布何で残ってるの???と。よくぞ私のところに来てくれたという思いです。」 3種コードバンを使用した革製品というのは前代未聞でイベント用のスペシャルアイテムとして製作。1年程経ってからようやくオーナー様に巡り会えました。「半年ほど散々財布を探してきたのですが、やっと私好みの素晴らしい財布を見つけることができました。」ありがとうございます。ストーリーのある楽しいひと品。またイベントの時にでも製作できればと思います。

 

珪藻土バスマット

2017-07-029

 

吸水力が凄くてメンテナンスが楽。風呂上りはジメジメしがちな洗面所の床ですが、珪藻土が足裏の水分をしっかり吸い取ってくれます。立て掛けておくだけでカラリと乾いているのでメンテナンスも楽チン。何年か使うことを考えて一応国産のものにしておきました。我が家はマンションで冬場は玄関の結露がすごいので安いモノを除湿用に置いておくのも良いかもしれませんね。

 

PALM -vegetan calf-

2017-07-028

 

あまり出回っていないタンニン鞣しのカーフ。国産らしい繊細な品質でカーフの肌理細かい手触りが気持ち良いです。「今持っているカードをまとめられて便利ですね。今回のCLIPと合わせると鬼に金 棒な感じがします。」 ありがとうございます。一枚革の独自パターンで沢山のカードをコンパクトにまとめられて、上部が大きく開くのでカードを探しやすいのが特徴。自分でも使っていますがひとつ持っておくと便利なアイテムです。

 

CLIP -shell cordvan dark cognac + russian calf-

2017-07-27

 

こちらもイベント用に製作したスペシャルアイテム。総シェルコードバンのセンタースタンプ入りで札押さえにロシアンカーフを用いた特別仕様です。ENLIGHTMENTで現物をご覧になって熟慮のうえ後日お求め頂くことになりました。「ENLIGHTMENTで2FACEを購入し、実際に使用してみて、想像以上の使い勝手 を感じたので、CLIPの購入を決意したのですが、どれも薄いのに機能的で自分の理想の製品だと思います。」 ありがとうございます。バーガンディで製作したスペシャル仕様のCLIP(コチラ)も1点在庫がありますのでご興味のある方はお問い合わせください。

 

Gargoyle 豹 silver925 ロジウム鍍金

2017-07-25

 

ジップに合わせロジウム鍍金したsilver925のガーゴイル豹。LIZとあわせてお求め頂きました。「凄くいい太さ、大きさで持って引く時の感覚が絶妙に良いです!シルバーのジッパーとマッチしてバランスが取れ、一言で言うと「鬼に金棒」みたいな感じです(笑)」 ありがとうございます。ガーゴイルを引手のモチーフに選んだのはお客様の財産のお守りになるようにという願いを込めたもの。それをTETORIさんが素晴らしい技術と熱量でカタチにしてくれました。格好良くて引きやすい引手です。

 

LIZ without coin -黒桟-

2017-07-24

 

LIZのコインケースなしバージョンを黒桟革で製作。内装はブライドルでジップはシルバー色です。「(シルバーのジップは)私の想像通りで黒桟にも良く合います。LlZの方も完璧で問題なしです。」 実はジップをシルバー色でとのご要望をいただいていた事が頭から抜け落ちていてアンティークシルバーで製作したものを発送してしまったのです。何故か発送した後にミスに気づいて直ぐに再製作の旨をお伝えしようやく納品。メールもそうですが送る前にチェックしたつもりでも何故か送った後におかしな点に気づくことってよくあります。肩の力が抜けると目の届く範囲と深さが増すんでしょうね。どこかで焦りもあったのかもしれないので落ち着いて製作を進めていきたいと思います。以前コチラのショート財布を製作させて頂いたお客様。LIZwocはコチラに続いて2点目です。いつもありがとうございます。

 

Palosanto

2017-07-20

 

愛用しているPalosantoさんの刃物です。切れ味も使いやすさも抜群で柄に使われている高密度な木材の手触りも心地よい。以前は入手しづらかったのですがminneさん(コチラ)で購入出来るようになり早速買い足し。佇まいからして雰囲気があり持った瞬間に使いやすさを直感、革に刃を入れると切れ味に驚きます。設計が良く練られているので使いこなすのもカンタン。製作をされている方は一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

LIZ -リザード-

2017-07-19

 

コチラは定番のリザードLIZ。リザードは薄くて強い革。最初に製作したLIZはリザードを用いたものでした。「とても気に入っていて、毎日大切に使わせて頂いております。本当に使いやすく、とても重宝しております。」鱗の頂点は摩擦がかかって輝いて来るため革に立体感が出て迫力を増してきます。「いい感じにツヤが出てきて、すごく愛着が湧いてきましたよ。」 ご注文ありがとうございました。定番として即納出来る在庫(コチラ)もありますのでご興味のある方はのぞいてみてください。

 

LIZ -センザンコウ-

2017-07-18

 

イベントでも注目度が高かったセンザンコウLIZ。イベント用にスペシャルアイテムとして製作したのですが、イベント終了後に常連のお客様からのお問い合わせで購入頂くことになりました。既にクロコLIZを所有されていますがLIZの使用性を本当に気に入って頂いてるのだと思います。競争率もかなり高かったこのアイテム。流石に僕のストックもこれが本当に最後で今後もう製作できるかわかりません。もし国内デッドストックのコンディションの良い革が見つかれば是非とも確保したいところ。当たり前ですが革は生体につき同じものが2つとないので出会ってピンと来た時がベストのタイミングなのだと思います。

 

LIZ -藍染リザード-

2017-07-17

 

常連のお客様からのご注文。藍染リザードのLIZにガーゴイル獅子の引手付きです。ご自身のインスタ(コチラ)に写真やコメントなど掲載して頂きました。「藍染リザードは手染め特有のムラ感がとても美しく出ており、自然光下だと鮮やかに輝きます。外観の美しさもさることながら、内装もとても機能化されており、こんなに軽くて使いやすい財布は初めてです。引き手のガーゴイルはTETORIさんの作品です。燻加工のsilver925は重厚で、細かいところまで作り込まれており迫力があります」 夜室内で見たときの雰囲気や昼間の屋外での色合い、ガーゴイルのディテールなど、モノの表情を非常にうまく捉えて撮影して下さいました。大切にされている気持ちまで伝わって来るような写真ですね。いつもありがとうございます。

 

地下の粋

2017-07-15

 

夏の味覚として大好きなのが岩牡蠣。夏になると魚屋さんから取り寄せて自分で殻を剥いて食べる程。小さい頃はその見た目から敬遠していましたが大人になって岩牡蠣の味を知ってからはすっかり虜に。そんな大好物を心ゆくまで味わえるのが築地にある地下の粋さん。日本各地の素晴らしい岩牡蠣を生、焼き、蒸し、アヒージョなど様々な調理法で楽しませてくれます。口の中に広がる芳醇な味わいを堪能し、その余韻をキリッと冷たいシャンパンで洗い流してまた次に手を伸ばす至福の時間。お好きな方は自分を甘やかしに行ってみてください。予約不可なので早めの時間がおすすめです。

 

Porosus whole bespoke #3 HORSE SHOE

2017-07-13

 

3点目はシューホーン。継ぎ目のない耐久性の高い構造。表と裏で革の大きさが微妙に異なるためカーブが維持されます。「芯材がなく、一枚革なので踵へのあたりも良く、仕事柄靴を脱ぐ機会が多いので重宝しそうです」 ご注文ありがとうございました。

 

Porosus whole bespoke #3 HORSE SHOE

2017-07-12

 

2点目は馬蹄。「形はシンプルですが、素晴らしい技術と素材の特性を活かした作品で、コインの出し入れが本当に早いです」 斑が綺麗に入るように顎下センターを切り出し。黒桟で裏張りすることでコインが流れるように滑り降りてきます。クラシックな馬蹄の機能を少し進歩させたひと品です。

 

Porosus whole bespoke #2 LIZ

2017-07-11

 

1点目はLIZ。「財布に求められる機能が全て詰まっている財布だと思いました。薄いことはもちろんですが、ストレスなく快適に紙幣とコインが取り出すことが出来て、また受け取ってから収納するまでもスムーズです。基本的な動作がこれほど快適に思うことに感動しました。これはずっと私の相棒になると思います」機能として自分が表現したい内容をここまで汲んでいただいていたらもう説明不要ですね。僕とお客様の思想が合致した結果。幸せです。ありがとうございます。

 

Porosus whole bespoke #1

2017-07-10

 

ポロサス1頭を使ったビスポーク。顎下は馬蹄、胴体はLIZ、尻尾はシューホーンに仕立てました。「まさにこのような財布とコインケースが欲しかった!という感想です。また斑も小さく良質な革であることから、作品として見た時に、何処と無くセクシーな雰囲気もあって、イメージをいい意味で裏切られました。」 明日から詳細ご紹介させて頂きます。

 

MEASURE engraved by TETORI

2017-07-08

 

TETORIさんに彫りを入れてもらった私物のメジャー。力強く滑らかな曲線で描き出された植物は生き生き、のびのびとしています。もともと腕のある人だけど出会った頃より確実にスキルが上がっていますね。製作ごとに自分を更新し続けているからだと思います。素敵なものをありがとう。

 

Crocodile whole bespoke #4 PASSCASE

2017-07-06

 

3点目はPASSCASE。外装は尻尾の付け根のセンター、内装はコードバンと一部クロコです。開けて左側はカード取り出し用のカットがついたクロコの2段カード入れ。右側はフラップという構造。写真だとよくわからないのが残念ですが現物はメチャかっこいいんです。「クロコダイルもコードバンも初めての素材でしたが、満足感がものすごいです。手に取って使うたびに笑みがこぼれてきます笑。手縫いも技術を磨いていくと、この様に美しいものになるのですね。革小物で、縫い目がきれいと感じるものがあまりなかったので新鮮でした。使い始めて数日ですが、どれもとても使いやすいです!CLIPはやはり慣れが必要に感じますが、POCKETは異次元の使いやすさです。」 喜んで頂けるものに仕上がって何よりです。ご注文ありがとうございました。

 

Crocodile whole bespoke #3 POCKET

2017-07-05

 

2点目はPOCKET。外装はクロコのセンター取り、縫糸はネイビー。内装の仕切りはネイビーのコードバンでマチはリザードです。小さめ個体のリザードの胴体センターをまるまる使って折り返し張り合わせにしてあるので、薄く強く丈夫。左利き仕様につき右手で本体を持ち左手でファスナーを開けると手前にコインスペースが広がります。

 

Crocodile whole bespoke #2 CLIP without coin

2017-07-04

 

1点目はCLIP without coin。外装はクロコのセンター取り。内装はコードバンでカード段の一列だけネイビーで縫糸もネイビーにしてあります。左利き仕様なので通常と逆配置でマネークリップが右側、カード段が左側。カード入れは外向きにしてあります。カードの落下防止という観点から内向きにするのが一般的ですが、普段の使い勝手を優先して外向きにしてあります。

 

Crocodile whole bespoke #1

2017-07-03

 

クロコ1頭を使ったビスポーク。胴体はCLIPとPOCKET、尻尾の付け根はパスケースに。左利きのお客様なので通常とは左右逆配置で仕立てました。「開封してまず、迫力に圧倒されました。クロコとコードバンの組み合わせが、最高にかっこいいです!そして手に取ってみて、作りの美しさに感動しました。これって、本当に手縫いなのですよね?特に縫い目の精確さには驚きました。見とれているうちに、1日が過ぎてしまいました。」明日から詳細をご紹介させて頂きます。

 

前の記事