three2four

 

日常の出来事など含めて気ままに綴っています

 

【お知らせ】製作が遅れています。大変お待たせしており申し訳ありません。
当方からメールの返信がない場合は、メールアドレスや迷惑メールフィルタ設定などをご確認ください
即納可能な商品は<コチラ>でご確認頂けます(在庫有と記載)。お気軽にお問い合わせください。

 

2FACEplus -croco x cordvan-

2020-0401

 

センター取りしたクロコの顎下とコードバンで製作した究極のミニ財布2FACEplus。顎下部位で製作すると表と裏で異なる革の表情が楽しめます。外側のポケットにはカード、二つ折りの紙幣が入り、脇から指を割り入れるとコインを収納できます(動画はコチラ)。極めて薄小さいですが見た目以上に財布として機能してくれるので利用シーンの隙間を埋めてくれる便利なアイテムです。インスタ経由で若いお客様がオーダーくださいました。アカウントを拝見したらスノボで雪山を自由自在に飛び回っている姿が。あんなに思い通りに滑れたらさぞかし楽しいんだろうなと憧れますね。ご注文ありがとうございます。

 

POCKET -shell cordvan dark cognac-

2020-0330

 

POCKETをシェルコードバンのダークコニャックで製作しました。派手さはないものの渋くて味わいがあり、実は格好良い色です。オーダーくださったのはなかな珍しい沖縄のお客様。「湿度と汗でなかなか革好きには厳しい土地ですが、きれいにエイジングしてくれるようブラッシングを心がけてみます。」 エージングって基本的には使い方やメンテナンスによると思うのですが、沖縄のように高温多湿な土地、北海道など雪や雨の多い寒冷地など地域によるエージングの傾向ってあるんでしょうか。ご注文ありがとうございました。

 

POCKET -shell cordvan #2-

2020-0327

 

3点目もPOCKET。ひとつ持っておいて損はないモデルですをもうひとつ購入いただきました(笑)。カラーは#2。昨年から日本でも流通するようになりました。#4と比べるとそれほど大きな差異は感じないけれども色むらがわかりやすいという印象。ちなみに、#8の半分の色の濃さが#4、さらにその半分が#2だそうです。ご注文ありがとうございました。

 

POCKET -shell cordvan dark cognac with stamp-

2020-0326

 

2点目はPOCKET。シェルコードバンのダークコニャックでスタンプ部分を使用しました。スタンプがちょうど内装の正面に来るように外装パーツを切り出し。仕切りと大きなマチひとつというシンプルこの上ない構造ですがが、これが本当に使いやすいんです。仕切り一つだけなので必然的に整理がしやすく、大きなマチによってコインが見やすい。ひとつ持っておいて損はないモデルです。

 

LIZ -shell cordvan #4-

2020-0325

 

外装はHorween社シェルコードバンの#4。内装はブライドルのグリーンです。コードバンを一針ずつ引き締めながら縫うことで生まれる立体的な縫い目は総手縫いならではの美しさ。「想像を軽く通り越して、ただただ驚きです…匂いまでいいなんて。久しぶりに良い物を引き当てたぞと一人でニヤつき、気がつくと触っている次第です。どちらの商品もミニマムなのにとても使いやすいです。LIZの薄さには本当に驚きです。」シェルコードバンがお好きなお客様で他にも2点ご購入いただいたので引き続き紹介いたします。

 

wellの御礼

2020-0323

 

記念すべき第一回の開催となったコミュニティサロンwell。沢山の方にご来場いただき大変ありがとうございました。やはりモノが好きな方達が集まってくださり、その中での交流が産まれたりして楽しい時間となりました。僕自身も販売会というスタンスではなく、ゲストという立場もあり気楽に過ごさせてもらいました。小さいけど大きな第一歩。気負わず、でもきちんと継続して、色んな人が出会い楽しい時間を過ごせる場になると良いですね。

 

WATCHBELT -russian calf- #2

2020-0319

 

二本目は文字盤白、金縁の時計。コチラの時計には色が薄めのロシアンを使用しました。裏もロシアンを用いています。「先ほどレターパック届きましたので早速時計につけています。ピッタシジャストでございます。憧れのロシアンカーフという事でますます時計に愛着が湧きました。」楽しまれている様子が目に浮かぶようで僕もすごく嬉しいです!今回は穴無しの状態でいったん送り、マーキングをしてもらってから穴あけて送付という手順をとりました。「松山様のコーディネートセンスのおかげで腕時計を身に着けるのが以前にも増して幸せです。」 ご注文ありがとうございました。ちなみに友人のzinryu氏は時計ベルトを長持ちさせるためにレモン汁を使っているそうです(コチラ)。ベルトの裏側に塗ると良さそうですね。ご参考まで。

 

WATCHBELT -russian calf- #1

2020-0318

 

ロシアンカーフで時計ベルトを2本製作させて頂きました。まず一本目は文字盤黒、銀縁の時計。素材のロシアンは文字盤に合わせて色の濃い部分を切り出しました。贅沢に裏までロシアンを用いています。ループは定革なしで少し幅広にした遊革のみ。仕上げがしやすいのと、フィットした遊革なら機能的に足りると考えているためです。バネ棒はレバー付きで工具を使わなくても簡単にベルト交換ができてベルト自体も傷まないのがメリットです。写真右はお客様から送付いただきました。いやー、雰囲気バッチリですね。

 

well@渋谷 3/21 12:00-19:00

2020-0316

 

友人が主催するイベントに参加させて頂くことになりました(詳細はコチラ)。僕が製作したアイテムを通じて繋がった友人たちが共鳴して、それぞれの想いを表現する場所としてwellというコミュニティサロン(コチラ)をスタートするに至ったそうです。で、僕が栄えある第一回のゲスト(笑)。在庫の商品を持って行ってご希望があれば販売もしますが、僕とゆっくり話をしてみたいなという方はお気軽にいらしてください。どなたでも参加自由ですし、聞いちゃいけないことはありません。そもそも何者なの?なんで革職人になった?人生で大切にしていることは?世の中がこんな折ですが気になったら動くのが吉。ここでサクッと動けるかが人生を左右したりするかも。

 

WATCH BELT -shell cordvan x kurozan-

2020-0313

 

表のシェルコードバンに食い込んだ糸が見せる立体的な縫い目は手縫いならではの美しさです。裏は黒桟革を用いることでサラッとした着け心地。レバー付きバネ棒を組み込んであるので工具なしでベルトを傷めずにつけ外しができます。 「質実剛健な黒桟革と、松山さんの機能的なプロダクトデザイン。うまく言語化できませんが、最高〜〜!の一言です。どれも美しくて、一生使っていきたいと強く感じています!」ありがとうございます。若い方がモノにお金を使わないと言われている時代ですが、よりバリューの高いアイテムをお届けできるよう頑張っていきたいと思います。

 

SICS -kurozan x bridle-

2020-0312

 

6枚のカードが収まるギリギリのサイズのカードケースSICS(SIx CardS)です。CLIPと同様に外装の黒桟革とアメ豚はセンターの部分のみを少し薄くして揉むことでコシを取ってから張り合わせをしてセンターで曲がる様にしてあります。

 

CLIP -kurozan x bridle + croco- 左利き用

2020-0311

 

若いお客様から黒桟革で何点かご注文を頂きました。まず1点目はショート財布CLIP。外装は黒桟、内装はブライドルで札押えのみアクセントとしてクロコのセンターからとったパーツを使用しています。コインケースのボタンはマグネットなので近づけるだけで閉じるため開閉がカンタン。外装の黒桟革とアメ豚はセンターの部分のみを少し薄くして揉むことでコシを取ってから張り合わせをしてあるため180度開き、かつセンターで曲がる様になっています。格好良く紙幣をめくる動作をお楽しみください。

 

STD -nubuck lizard x bridle-

2020-0310

 

ヌバックリザードLIZやヌバックポロサスPCB/2FACEplus、ヌバックパイソンDIXなどを所有されているソフトな手触りのヌバック好きなお客様。ご本人も非常に穏やかな方で今回はヌバックリザードのショート財布STDをご注文いただきました。ちょっと変わった配置ですが右手でコインやカードを出しやすい様にしてあります。「ヌバックリザードのlizと並べてみるとなかなかに壮観です。 」 ご注文ありがとうございました。

 

寅八商店@心斎橋

2020-0307

 

大阪イベント前日の夕食は決まって寅八商店さんです。名物の鰹藁焼きと泳ぎイカは鉄板メニュー。鰹藁焼きは表面と中の食感、香り、旨味と立体的な味が噛めば噛むほど広がっていきます。泳ぎイカは店内にある回転流水プールで泳いでいる鮮度抜群のイカを捌きたてで出してくれるので、まず身が透明でまだ生きている?ので顔の部分は色が常に変わります。食べると切れの良い食感と甘みを存分に楽しめる。色々頼んでいると値段はいくんですが、美味しいので毎回行ってしまいます。

 

ENLIGHTMENTの御礼

2020-0304

 

今回も沢山のお客様にご来場いただき大変ありがとうございました。コロナ騒動で新幹線はガラガラ、街にも人出は少ない状況にもかかわらずイベントを楽しみにご来場、ご購入くださったことに心から感謝しています。少し骨休めをしてからまた頑張っていきます!

 

SWITCH for ENLIGHTMENT

2020-0227

 

バッグに入れて持ち歩く想定の大容量の長財布SWITCH。マグネットボタンで開閉がカンタン。カードは見やすく取り出しやすい縦入れで12箇所。コインケースは開くことで底が浮き上がり平らな場所にコインが並ぶ仕組みになっています。素材はポロサス、リザード、藍染エレファントなどどれも選び抜いた一級品ばかりです。製作数が少ないからこそ選び抜けるポロサス。「松山さんはホントに綺麗な革じゃないとダメだからw」と都合してくれる問屋さんに感謝です。リザードはあまりに良い個体を見つけてしまい珍しく製作しました。藍染エレファントも繊細な革質で非常に濃い藍色に仕上がっています。

 

SIZ for ENLIGHTMENT

2020-0225

 

LIZ(LongZIp)のショートバージョンとして開発したのが SIZ(ShortZIp)です。斑の入りの美しいポロサス、優しい印象のヌバッククロコ、個性的なエレファントは美しい紫のイタリアンヌメとあわせました。。

 

LIZ for ENLIGHTMENT

2020-0220

 

コチラも定番のコンパクトな極薄長財布LIZ。仕様詳細はコチラ。パッと見は何の変哲もない長財布ですが独自構造による窮屈感尾ない使用感と抜群のアクセス性が特徴です。スタンプ位置に合わせて非常に贅沢な切り出し方をしたシェルコードバンモデル。グレーをベースに藍染を繰り返して濃い色に仕上げたクロコや極上ボルドー色のエレファントほか。良い品が揃っています。

 

POCKET for ENLIGHTMENT

2020-0219

 

定番モデルのPOCKETも製作しました。シェルコードバンのスタンプモデル。ワイルドかつ上品なエレファントは内装コードバン。エントリーモデルとしては最適な一品と思います。

 

RAD for ENLIGHTMENT

2020-0217

 

来週末に迫ったイベントENLIGHTMENTに向けて、厚小さい3つ折り財布RADの在庫を製作しました(コチラ)。開けた瞬間に全てが見やすく取り出しやすい状態で並びます(動画はコチラ)。「最近はRADしか使ってないというくらい気に入っています。」「デザインと造りがしっかりしている上に、とても使いやすので重宝しています!」(2点目を購入されたお客様)。容量は最大でおよそ紙幣15枚、コイン15枚、カード10枚をターゲットに設計してます。

 

AKIBAスモーカーズ@秋葉原

2020-0215

 

シーシャ(水たばこ)を楽しめるメイドカフェです。シーシャもメイドカフェもダブル初体験でちょっとドキドキしながら入店。店内は落とした照明に落ち着いたインテリア、ソファー席とゆっくりくつろげる空間になっています。シーシャの味はアップルや洋ナシなどの果物系やバニラ、シナモン、キャラメルとかかなりたくさん。見れば見るほど決められないので僕は最初の方にあったペアチル(洋ナシxミント)にしました。昔懐かしのピアニカみたいなホースから息を吹き込むと容器の中の水からボコボコと空気が出てき中にて煙が溜まり、ホースを吸うとその煙がそのまま口の中に入ってきます。シーシャ初心者でも気軽に楽しめるお店になっているのでご興味のある方は立ち寄ってみてください。

 

WATCHBELT -nubuck lizard x kurozan-

2020-0214

 

薄茶色のヌバックリザードに黄色の染料を加えて時計の色合いに合わせました。通常はレバー付きバネ棒を組み込んでいますが今回はバネ棒なし、穴あけもなしというご指定。「 ベルト受け取りました。少しステッチの雰囲気が変った印象を受けました。素晴らしい出来です、お待ちしたかいがありました。使い馴染んできてどんな風合いになるかとても楽しみです。」これまで何本も時計ベルトをご注文くださっているお客様。時計ベルトは何年にもわたって毎回少しずつ作り方を変え続けてきて、より自分らしいものが出来るようになってきました。いつもありがとうございます。

 

WATCHBELT -crocodile x kurozan- #2

2020-0213

 

コチラは尻尾の根元の斑が細かい部分で製作しました。僕の作る時計ベルトは定革なしで遊革のみ。その分遊革は少し幅広にしてあります。以前は定革も入れていたんですが、定革なしの方が綺麗に仕上げられるのと遊革がフィットしていれば剣先をちゃんと固定できるからです。もう一本はリザードでまた明日。

 

WATCHBELT -crocodile x kurozan- #1

2020-0212

 

クロコダイルの尻尾から製作した時計ベルト。一つの節に一つの谷間。谷間はベルトのセンターに来るように切り出しました。裏張りは黒桟。さらりとした着け心地になるのが機能的なメリットです。3本製作したので引き続きご紹介させて頂きます。

 

SINGLE PENCASE -crocodile x suede-

2020-0210

 

クロコダイルの顎下の柔らかな部位を用いて製作した一本挿しのペンケースです。裏張りは柔らかく発色の良いスウェード。ケースをぐにゃりと曲げてペンの出し入れを行います。動画はコチラ「ぴったりのサイズ、かさばらないので、カバンにもポケットに入れても邪魔にならない大きさです。内部のスウェードがしっかりとボールペンをホールドしてくれるので安心です。今回も最高の出来、有難う御座いました。」こちらこそいつもありがとうございます!

 

竹葉亭@銀座

2020-0208

 

先日友人と訪れた銀座にある鰻屋さん。老舗らしい趣のある外観で、中に入ると和服の女性が落ち着いた雰囲気の店内に案内してくれます。僕が頼んだのはランチの鰻丼(2400円)。しっかりしつつあっさりとしたバランスの良いタレは、最後まで食べ疲れることなく鰻の美味しさを堪能させてくれます。美味しい鰻丼でこういうものなのねと納得。友人がオーダーしていた鯛茶漬け(2000円)もちょっともらったらコチラも磨き抜かれた味。自分に新しいお茶漬け体験を与えてくれる一杯でした。皆様も機会があれば立ち寄ってみてください。

 

iPAD case -velor x bridle-

2020-0207

 

バッグの中に入れるiPADケースは単体でも持ち歩けるようにバッグとは別アイテムとして。表は長財布とスマホ、裏はiPADを入れる想定でポケットを作ってあります。iPADの画面保護という観点から剛性のあるブライドルをスウェードで裏張りして中心に配置して、厚手のベロアでくるむようにしてポケットを作ってあります。ベロアは一枚革なのでモノを入れると革が伸びてフィットしていくという考えで作りました。ご注文ありがとうございました。

 

HEAD2TAIL -porosus x velor- #4

2020-0206

 

尻尾の付け根はリング、顎先はボタンで接続して自由な角度に曲がるため身体にフィットします。iPADなどを入れる内バッグもあわせて製作したので引き続きご紹介します。

 

HEAD2TAIL -porosus x velor- #3

2020-0205

 

中を覗く時に窮屈感が出ないようにジップは斜めの部分まで。開けやすいループの引き手をダブルで。ジップの反対側は折り返しでモノを入れた時に膨らむ様にしてあります。

 

HEAD2TAIL -porosus x velor- #2

2020-0204

 

動画はコチラ。尻尾のセンターを丸ごとベルトにして本体とリングナスカンで接続。顎と尻尾の先端はボタンで接続し、脇にジップをつけてあります。袋状にするために首の部分はどうしても横切る様に縫わないといけない。ただ、首の部分に横に真っすぐな縫い目が入っていたら印象がかなり変わってしまいます。そこでウロコの谷間に沿って縫うことにしました。表から見ると縫い目がほとんどわかりません。

 

HEAD2TAIL -porosus x velor- #1

2020-0203

 

5年程前にスケボーで派手にコケて肘の骨を砕きました(ブログ 2015-6-22掲載)。事業を正式にスタートした翌年。仲良くしてる近所の居酒屋の兄ちゃんがスケボーやってて、これなら手軽にいつでも遊べるなと思って始めたら調子に乗って1ヶ月後に大惨事。一体なんの話かというと、その時に僕の肘の手術をしてくれたドクターが今回のアイテムのオーダーをしてくれたのです。クロコダイルの頭から尻尾までをフルに使ったワンショルダーバックHEAD2TAIL。トップブランドがどれだけ巨大な資本を持っていようとも僕と同じものは作れない。純粋にアイディアで誰も見たことのないものを生み出して勝負ができるのが独立系革職人の良い所。明日から詳細ご紹介させて頂きます。

 

酒場角次郎@宇都宮

2020-0201

 

地元の宇都宮のローカル情報です。いつもお世話になっている酒場角次郎さん(コチラ)。年明けからメニューが一新されて、サイズ違い同価格のお得なメニューが登場。写真は1kg焼きそば550円。美味しくて3人ですぐに食べちゃいました。他にも一工夫あるメニューが沢山あって雰囲気が良いのでいつもお客さんでにぎわっています。そして美人な店員さんまで。胃袋も心も満たしてくれる酒場角次郎さん。地元の方は是非一度足を運んでみてください。

 

SEAL PAD wide-栃木レザー x スウェード

2020-0130

 

コチラは横長タイプ。書類の下の印鑑パッドの位置を気にしなくて良いのがメリットです。

 

SEAL PAD -栃木レザー x スウェード

2020-0129

 

いつもお世話になっている宇都宮の老舗印鑑店 鈴印さん(コチラ)からのご注文。印鑑パッドです。表の栃木レザーが印鑑の面をしっかりと受け止め、裏の分厚いスウェードが適度な沈み込みをサポートし滑り止め効果も。極めてシンプルですが革の特性を活かしてキレイに捺印が出来る印鑑パッドです。

 

ENLIGHTMENT vol.18&19 2/29,3/1 12:00-16:00 大阪、名古屋連続開催

2020-0127

 

展示販売イベントENLIGHTMENTの次回開催日程が決定しました。昨年に続いて大阪、名古屋の2日連続開催です。フライヤーや商品などは上記お知らせ欄をご覧ください。つい先日東京イベントが終わったばかりのような気がしますが、今年も年が明けてから早1か月。もう1年の1/12が終わっちゃうんですね。例年以上に脳に汗をかいて良い年だったなと思えるようにしていきたいと思います。名古屋会場ではパーソナルスタイリストの菅原さん(コチラ)がスタッフとしてお手伝いしてくださるので気軽にスタイリングの相談も。皆様のご来場をお待ちしております。

 

SWITCH -bridle-

2020-0123

 

酒場角次郎(コチラ)のオーナーである”かっちゃん”のお財布を製作させて頂きました。7年程前に居酒屋むつ五郎(コチラ)をオープンしてから友達になって、2店舗目角次郎に続き3店舗目のとり安(コチラ)も経営されているやり手です。そんな彼の奥様がプレゼント用にオーダーしてくれました。実は長財布LIZの1st作を購入してくれたのも彼。ちょうど同じころに事業をスタートさせたこともあり仲良くさせてもらって年下の友達がたくさんできました。いつもありがとう。お互いがんばろうぜ。かっちゃんバンザイ!

 

2FACEplus -croco x cordvan-

2020-0121

 

2点目は究極のミニ財布2FACEplus。「機能性をここまで最小化できるのが凄いの一言です。ちょっとコンビニに行く時等に使わせていただきます。」3年程前にポロサス一頭ビスポークで長財布LIZやカードケースSICS、馬蹄コインケースを既にお使いのお客様。「今回も素晴らしい作品との出会いに感動しました。(SWITCHは)現在使用中のLIZとはまた違う解ですが、手にして思うのは、どちらも考え抜かれた最高の作品だと思いました。シーンに応じて使い分ける楽しみが増えました。」ご注文ありがとうございました。いずれもthree2fourらしいアイテム。楽しんでお使い頂ければ嬉しい限りです。

 

SWITCH -porosus x bridle-

2020-0120

 

外装は厳選したポロサスのセンターの一枚革で、蓋の部分にちょうど斑の細かくなる部分が来るように切り出しています。 開閉が容易なマグネットボタンの蓋を開くと中全体を見渡せる構造になっています。「SWITCHの収納力と考え抜かれたアクセス性の良さ、最高です!スモールクロコのモチモチした手触り・持った時の手に馴染むボリューム感、所有する喜びを感じました。」バッグに入れてお使いになる方には非常におススメのモデルです。もう1点納品させていただいたので引き続き明日ご紹介します。

 

LIZ -nubuck lizard x Italian orange-

2020-0117

 

外装はヌバックのリザード。リザードは野生なので大きくなると傷が目立ってくるのですが非常にきれいな個体です。大きめの個体なので革が立体的で迫力がありヌバックで手触りも非常に良いです。内装は鮮やかなイタリアンヌメ。裏面は着色した上で毛羽立たないように処理してあります。 ご注文ありがとうございました。

 

LIZ for 原学 -elephant + ALLOY SHIN-

2020-0115

 

原さんが経営されているR.Motionのテーマカラーは赤、黒、白。外装はそれを踏襲してボルドーに赤糸、白と黒のホワイトバッファローに。内装も黒のブライドル、外装から繋がる赤糸と白糸で構成しました。R.Motionのスタッフさんは6名で内装を縦に走る白糸も6本。そこで財布全体をR.Motion、白糸をR.Motionを支える柱に見立ててスタッフさんの頭文字をそれぞれに入れました。原さんの感想はコチラ。SHINさんにもオーダーしたいって仰ってました。宇都宮においでの際は声かけてくださいね。ご注文ありがとうございました。

 

ALLOY SHIN -silver + white buffalo and spiny oyster shell- #2

2020-0114

 

裏面です。蛇は脱皮を繰り返すことから、変化を受け入れ生まれ変わる精神。大地を這って進むことから、忍耐、努力、挑戦してなしとげる。センターはスパイニーオイスターシェルで新しい自分への導きという意味があります。表は肉体、裏は精神をテーマに表裏合わせて人間そのものを表す引き手です。オーダー主はプロレスラーの原学さん(コチラ)。昨年あらたな取り組みとしてR.Motion(コチラ)というジムを始められたので、原さんらしいストーリーを僕なりに考えて引手に作りこみました。財布本体も引き続きご紹介させて頂きます。

 

ALLOY SHIN -silver + white buffalo and spiny oyster shell- #1

2020-0113

 

宇都宮在住のアーティストSHINさん(コチラ)に引手を製作してもらいました。良い石を持っていて、技術があり人柄も良く僕が信頼している作り手です。まず表面デザインのベアバウ(熊の手)は勇気、力の象徴であり人を真実へと導きます。石はホワイトバッファロー。身体を強くする、心身のバランスを整えるという意味があります。

 

LIZ -ハーフ藍染クロコ- #3 大獅子 18金リング

2020-0109

 

引手は18金のリングを咥えた大獅子。動画はコチラ。TETORI氏の手による超絶な造形物です。グレーとsilver925の燻仕上げも良く合いますし、藍染には金が上手く効いていてこれもまた良いですね。 「スマートなはずなのに革と引手の重厚感に驚きました。両面染めの件はあまりに違和感がなく染まっているのて置いてる面で違う財布に見えます。ひとりでくるくる楽しんでします。チャックもなめらかで内装もシンプルですが凄く使い勝手を考えられて設計されていることがわかります。」 また一つ新たなモノをうみだすことができました。ご注文ありがとうございました。

 

LIZ -ハーフ藍染クロコ- #2

2020-0108

 

長さは17.5cmと長財布としては非常にコンパクトかつ薄くなっています。Lジップで素早く開き全体を見渡せます。マチのないアコーディオンのような独自構造により閉じたときは薄く、また見たいところを好きな具合で開けるのでストレスのない使い勝手を実現しています。コインケースは浅く舟形にしてあるので見やすく取り出しやすく隅にコインが引っかかることもありません。カード入れは取り出しやすい縦入れで4か所。 詰め込み過ぎるとジップが引っかかったりしますが、容量をキープしてお使いになる方には非常におすすめできます。即納できる在庫は3点あります。クロコシェルコードバン#4超希少革tegu

 

LIZ -ハーフ藍染クロコ- #1

2020-0107

 

外装はグレーのクロコを身体の半分だけ藍染したものです。藍染は何回も繰り返すことでかなり濃い色まで持ってきておりご希望の黒に近い藍色になるべく近づけました。このアイディアはおそらく世界初。両面で全く別の財布に見えるのがすごく面白くて何回もくるくるとやりたくなります。動画はコチラ

 

世界初!?ハーフ藍染クロコ

2020-0106

 

昨年末に取り組んだ新たなアイディアがコチラ。グレーのクロコを身体の片側のみ藍染するというものです。片面をグレーの革、もう片面を黒に近い藍染の革で長財布が欲しいというご要望。最初は異なる革を縫い継ぐことを考えていましたが、耐久性や美しさを考えるとやはり1枚革でやりたいと考えて半分のみ藍染というアイディアに至りました。単純に半分だけ藍染液に浸ければよいという考えでやった1枚目は見事に失敗。かなり慎重にやったものの、毛細管現象でどうしても藍染液が反対側に移ってきてしまい染めの境目もボンヤリとした仕上がりでNG。失敗のショックでしばらく途方に暮れていましたが、気持ちを立て直してなんとか2枚目のグレークロコをゲット。色々と工夫を重ねて綺麗に片面ずつ染め分けることができました。引き続き完成した財布をご紹介させて頂きます。

 

Sew FUN

2020-0104

 

あけましておめでとうございます。いつも通り一瞬で過ぎ去っていった2019年。そんな中でもHEAD2TAIL(コチラ)やRAD(コチラ)など新作をいくつもリリースできたのは大きな収穫でした。本当にやればやるほど作りたいものが増えていく。今年も新作には取り組みたいけど、溜め込んだ宿題もしっかりコツコツと。僕自身が楽しいと思えるものを追求し、その楽しさが色んな人に広がっていったらいいなと思っています。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

前の記事